肌質は日々変化しているお肌の変化を感じたらすぐに応急処置を

[記事公開日]2015/03/28
[最終更新日]2017/06/25

お肌の変化を感じたらすぐに応急処置5つをご紹介

Q肌のゴワツキが気になり、化粧水や美容液の浸透がいつもより良くない気がします。

 

A ターンオーバーが乱れ、古い角質が溜まっている可能性があります。

ピーリングで角質を剥がし、保湿成分で十分に保湿しましょう。

 

 

Q頬の赤みがきになります。どうにかならないのでしょうか。

 

A 赤ら顔が軽症の場合、生活習慣やスキンケア方法を見直すことで、改善できるかもしれません。

睡眠不足や食生活、過度のスキンケアは、お肌の表面を傷め、赤ら顔を作ってしまう原因となる場合があるのです。

 

 

症状が重たい場合は、皮膚科での治療が必要となります。

まずは、自分の赤ら顔がどの程度なのか、皮膚科で見極めてもらうと良いでしょう。

 

 

Q小鼻まわりがいつも赤くなっています。

 

A 汚れを落とそうとして、擦りすぎたりしていませんか?

鼻をかんだり、癖で擦ってしまったりと、小鼻まわりは意外に擦りやすい部位なのです。

 

 

まずは、小鼻の周りを頻繁に触らないように注意しましょう。

それでも治まらない場合は、脂漏性皮膚炎の可能性が考えられます。皮膚科を受診しましょう。

 

 

Q化粧品などが、かぶれやすく敏感肌だと思うのですがどのようなケアをしたらよいですか?

 

A お手入れを念入りにしすぎるあまり、摩擦によってお肌のバリア機能を弱め、みずから敏感肌を作り出している可能性があります。

 

 

一旦シンプルなお手入れに変えて見てはいかがでしょうか。

また、季節の変わり目はお肌が敏感になりやすくなります。

 

 

化粧品を変えたりせず、パックなどのスペシャルケアを控えてみましょう。

 

 

Qアトピー性皮膚炎になってしまいました。かゆみがひどいのですが、何とかならないでしょうか。

 

A アトピーの原因は、実のところ良くわかっていない部分が多いそうです。

ただ、乾燥すると症状がひどくなることが多いようなので、処方された薬や保湿剤をしっかり塗りましょう。

 

 

なるべく規則正しい生活をし、身体の抵抗力を高める努力をしましょう。

 

 

お肌の個別トラブルの解決策 ピンポイントメンテナンス Part1

続いては、美容医療情報 をみてみましょう♪

 

 

 

「スハダビ」編集者プロフィール


まい35歳

 

私、化粧品会社での勤務時代、エステやメイクアップといった美容サービスを通して、多くの方のお肌に触れてきました。

 

そこで感じたのは、10人いれば10通りのお肌があるということ。

 

そして、お肌が綺麗な方は、化粧品はもちろん、体の内側から綺麗になる術を実践しているということです。

 

それ以来、インナービューティーへの関心が高まり、今でも日々研究しています。

 

お肌を健康で若々しく保つためには、体の内側から体調を整え、スキンケアで美肌作りをサポートすることが大切です。

 

そんな私も「正しい知識と努力」をすることによって、現在では、お肌の悩みから解放されてストレスフリーな日々を送れています。

 

これも様々な方法を試したおかげです。

 

正しい知識と行動があればお肌の悩みは解消する。

 

このサイトを通じ、私が「お肌の悩みから解放された秘訣」と「一緒に運営する仲間の知識や経験」を発信して美肌作りのお手伝いをさせていただけたらと思っています。

 

本当に正しいエイジングケアを知っていますか?

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

「正しいエイジングケア」
の知識を伝えます!

 

あなたは1週間で肌状態が変わる!!メルマガ

 

 

私はコレでシミを消した!

 

 

誘導バナー06シミ取り治療を行う美容外科・美容皮膚科おすすめ・ランキング10選