乾燥対策テクニック③ セラミド

[記事公開日]2015/03/22
[最終更新日]2017/10/27

最強保湿成分「セラミド」を取り入れよう

 

一昔前は、保湿と言えば「化粧水の後に油分で蓋」が常識でした。

しかし、保湿するためには、あくまでも「保湿成分」が重要です。

 

 

その保湿成分の代表が「セラミド」です。

セラミドは細胞間脂質の1種で、保湿能力の高い「水分を挟み込むタイプ」の成分です。

 

 

角質層の保湿力の8割は細胞間脂質が担っているとお話ししましたが、セラミドはその細胞間脂質の多くの割合を占めています。

 

 

セラミド 補う

 

 

セラミドは、通常ターンオーバーの過程で生成され、自然と角質層を満たしていきます。

しかし、加齢などが原因でセラミドの生成量は減少、お肌が乾燥しやすい状態へと変化してしまうのです。

 

 

普段のスキンケアでセラミドを取り入れることは、お肌の乾燥を改善するためには、とても有効なのです。

 

 

 

セラミド配合化粧品は選び方に注意

 

現在、主に3つのセラミドが出回っています。

 

  • 天然セラミド
  • ヒト型セラミド
  • 疑似セラミド

 

 

重要なのは、「天然セラミド」もしくは「ヒト型セラミド」配合の化粧品を選ぶことです。

 

 

天然セラミドとは、動物や植物から抽出した、天然由来のセラミドです。

 

 

ヒト型セラミドとは、主に酵母から合成された、ヒトのセラミドと同じ配列をしたセラミドの事です。

 

 

どちらも非常に優れた保湿効果を発揮します。

特に、ヒト型セラミドは、天然セラミドに比べて安価で優秀という特徴があります。

 

 

これらのセラミドが配合されている場合、成分表示に「セラミド3」のような表示があります。

 

 

疑似セラミドは、セラミドに似た構造を持つ全く別の物質。

保湿が無いわけではありませんが、天然やヒト型に比べると劣ります。

また、化学物質から合成されていることが殆どなので、お肌への影響も心配です。

 

 

疑似セラミドが配合されている場合、成分表示に「セラミド」の文字はありません。

パッケージに「セラミド」と表示があるのには成分表示に無い場合、注意が必要です。

 

 

セラミドは、本来非常に高価な成分です。

そのため、セラミド配合の美容液やクリームは、お値段が高くなります。

しかし、その分保湿効果には期待できますので、どうしても乾燥が治まらない方は、ぜひ取り入れて下さい。

 

 

 

アンチエイジングケアにおいて乾燥対策

乾燥対策テクニック7つ

1.乾燥対策テクニック① 保湿
2.乾燥対策テクニック② 日中美容液
3.乾燥対策テクニック③ セラミド(現在のページ)
4.乾燥対策テクニック④ 保湿パック
5.乾燥対策テクニック⑤ クリーム
6.乾燥対策テクニック⑥ ファンデーション
7.乾燥対策テクニック⑦ 食事

 

 

フラバンジェノール特集 フラバンジェノール7日間集中ケア試してみた!

 

 

本気のシミ消し!自宅でできる3つの美白対策!

 

私はコレでシミを消した!

このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

フラーレンミスト体験レビュー 紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー