[記事公開日]2015/06/07
[最終更新日]2018/05/16

ひじの角質除去方法とは、擦ると余計に黒くなるよ!

この記事は3分で読めます

ひじの角質除去

 

 

暖かくなってくると、半そでやノースリーブ、短めのボトムスを着用する機会が増えますね!

服装に合わせてボディケアもばっちり。

 

 

全身でおしゃれを楽しもうとしているあなた!!

本当に全身ツルツルになっているでしょうか?

 

 

実は、多くの人が見落としがしなパーツがあるのです。

 

 

それは「ひじ」です。

 

 

外側をむいているひじは見えにくく、汚れがたまって黒ずんでいるのに気が付かないことがあります。

厄介なのは、自分には見えにくいのに他人には見えやすい部分ということです。

 

 

普通に歩いていても、後ろの人にはひじが丸見え。

物を持っている時にも、ひじが曲がって余計に強調され、ついつい目が行ってしまいます。

 

 

同じく関節である「ひざ」は自分の目で確認しやすいため、汚れていたらすぐに気が付くことができます。

ただ、こちらも黒ずみの出やすい部分ですので、小まめにお手入れすることが大切です。

 

 

 

ひじの黒ずみの原因は?

 

ひじが黒ずんでしまう原因は、普段の何気ない生活習慣の中に隠れています。

主には「摩擦」や「圧迫」などです。

 

 

ひじは身体のパーツの中でもかなり動かく部位の1つです。

動かしているうちにひじを擦ってしまったり、ぶつけて傷を作ってしまうことも多いですよね。

 

 

また、ひじを使って身体を支えることもあります。

代表的なのは頬杖です。

 

 

頬杖を突くときには、大抵手の上に頭を乗せていますよね。

その時、頭の重みでひじはかなり圧迫されています。

 

 

また、立っている時にもひじで壁に寄り掛かったり、無意識のうちに圧を加えているのです。

摩擦や圧迫を感じると、皮膚は自信を守るために角質を肥厚させて分厚いゴワゴワとした皮膚になってしまいます。

 

 

さらに、ひじには皮脂腺が少ないため、とても乾燥しやすい部分です。

そのため、ほんのわずかな刺激が黒ずみを促がす原因となってしまうのです。

 

 

 

ひじのNGお手入れとは

 

さて、ひじの黒ずみを改善させるためにやってしまいがちなNGお手入れがあります。

それは、「ナイロンタオルを使ってゴシゴシと洗浄する」ことです。

 

 

お風呂で身体を洗う時、全体的にはモコモコの泡で優しく洗うのに、なぜかひじと膝だけゴシゴシと擦っていませんか?

 

 

ひじや膝は関節なので汚れがたまりやすいと感じるのかもしれませんが、そんなに擦ったら摩擦によって余計に皮膚が黒ずんでしまいます。

 

 

また、ひじには皮脂腺が少ないため、実はとても乾燥しやすい部分です。

ごしごしと洗うことで、潤いが一緒に逃げてしまう可能性があります。

 

 

ひじの黒ずみが気になるなら、一旦ナイロンタオルでの洗浄をやめてみた方がいいかもしれません。

 

 

 

どんなお手入れをすればいいの!?

 

ひじの黒ずみが気になるなら、まずは厚くなった角質を除去する方法がおすすめです。

 

 

肌にやさしいピーリング剤などで簡単に角質除去することができます。

できれば湯船で十分に温まり皮膚を柔らかくしてから行いましょう。

 

 

ここでも注意したいのが、強く擦らないことです。

ゴシゴシ擦ってしまっては、逆に黒ずみを作ってしまうことになります。

 

 

1回で黒ずみを取ろうと考えず、コツコツと続けることで徐々に角質が剥がれ、黒ずみが気にならなくなってきます。

 

 

角質除去の後は、たっぷりと保湿することです。

保湿することで皮膚のバリア機能を高め、少しでも黒ずみの出来にくい状態へと導くことができます。

 

 

顔用の化粧水やクリームなどをつけても良いですし、ひじの汚れや古い角質をやさしいピーリングジェルもおすすめです。

 

 

 

 

アロマで黒ずみ改善

 

自然の力でひじの角質や黒ずみを改善する方法をお伝えします。

 

 

アロマエッセンシャルオイルには様々な効能があり、ひじの角質肥厚を改善してくれる効果のあるオイルもあります。

 

 

おすすめなのがラベンダーです。

ラベンダーはエッセンシャルオイルの中でも万能と言われていて、リラックス効果が高いためアロマテラピーを楽しむ人も多いです。

 

 

ラベンダーには皮膚再生力を促す効果もあり、塗布することでその効果を発揮します。

塗布する際には原液をキャリアオイルで希釈して使います。

 

 

キャリアオイルに良く使われるのはホホバオイルスイートアーモンドオイルです。

オイル5mlにエッセンシャルオイル1滴を垂らすことで1%のアロマオイルを作ることができます。

 

 

初めは1~2%程度のアロマオイルを作り、お風呂上りなどにひじに優しく塗り込みましょう。

 

 

 

黒ずみを作らないために

 

黒ずみを作らないためには、とにかく普段の生活習慣を見直すことです。

 

 

頬杖をやめ、ひじを擦らないように気を付け、ひじの角質が厚くならないように気をつけましょう。

 

 

これから薄着の季節、半そでやノースリーブ、短めのボトムスを着用する機会が、どんどん増えます。

 

 

気になるボディの角質は服装に合わせてボディケアもばっちりにしていきましょう♪

 

 

気になる部分にジェルをつけ、やさしくなでていると、汚れや古い角質を巻き込んでカスがぽろぽろ出てくる。

古い角質を取り除くピーリングジェル詳細こちら!

 

 

「スハダビ」編集者プロフィール


まい35歳

 

私、化粧品会社での勤務時代、エステやメイクアップといった美容サービスを通して、多くの方のお肌に触れてきました。

 

そこで感じたのは、10人いれば10通りのお肌があるということ。

 

そして、お肌が綺麗な方は、化粧品はもちろん、体の内側から綺麗になる術を実践しているということです。

 

それ以来、インナービューティーへの関心が高まり、今でも日々研究しています。

 

お肌を健康で若々しく保つためには、体の内側から体調を整え、スキンケアで美肌作りをサポートすることが大切です。

 

そんな私も「正しい知識と努力」をすることによって、現在では、お肌の悩みから解放されてストレスフリーな日々を送れています。

 

これも様々な方法を試したおかげです。

 

正しい知識と行動があればお肌の悩みは解消する。

 

このサイトを通じ、私が「お肌の悩みから解放された秘訣」と「一緒に運営する仲間の知識や経験」を発信して美肌作りのお手伝いをさせていただけたらと思っています。

 

本当に正しいエイジングケアを知っていますか?

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

「正しいエイジングケア」
の知識を伝えます!

 

あなたは1週間で肌状態が変わる!!メルマガ

 

 

私はコレでシミを消した!

 

 

誘導バナー06シミ取り治療を行う美容外科・美容皮膚科おすすめ・ランキング10選

 

成長因子で発毛促進