[記事公開日]2015/05/12
[最終更新日]2017/05/03

目の下のしわの原因まさか!これって言うの?

この記事は3分で読めます

目の下のしわの原因

 

 

顔の中でしわができやすい部分といえば目の周り。

中でも、目の下にしわができてしまうと、疲れている、老けている印象を与えてしまいますね。

 

 

年齢と共に皮膚がたるむと、どうしても目の下にしわができやすくなってしまいます。

しかし、目の下にしわができる原因は年齢だけではありません。

 

 

顔の構造上、若くても目の下しわがよりやすい場合があります。

 

 

また、目の下はとっても皮膚が薄いため乾燥しやすく、刺激に弱い部分です。

普段のくせや、何気ないスキンケアで、取れないしわができてしまうかもしれません。

 

 

クレンジング剤でゴシゴシクレンジングしている!


顔全体をクレンジングする際に、目元もゴシゴシクレンジングしていませんか?

 

 

目の下は皮膚が薄いので、頬のクレンジングをする調子で擦ってしまうと、しわができやすくなってしまいます。

 

 

顔のクレンジング剤と同じものを使う場合は、目元は最後に。

薬指を使って、撫でるようにクレンジングしましょう。

 

 

できれば目元専用のリムーバーで、ササッとメイクを落としてしまった方が、負担がかかりません。

 

 

 

皮脂や角質ケアのしすぎ


若いころに多いのが皮脂や角質ケアのしすぎです。

若い頃は皮脂分泌が活発で、ニキビができたり、毛穴に角栓が詰まりやすい年代です。

 

 

また、お手入れに興味を持ち始める時期でもあるため、次々に新しいアイテムを試す人も多いのです。

色とりどりの化粧品には、皮脂吸着やら角質除去といったもじが並びます。

 

 

もちろん、必要な箇所に必要なだけ使う分には問題ないのですが、本来Tゾーンなとどめたいお手入れを、目の下にまで行ってしまったら・・・。

 

 

繰り返しのお手入れが、目の下の薄い皮膚を刺激し、しわのできやすい状態にしてしまうのです。

 

 

 

痒くて掻いてしまう


寝起きになんとなく目か痒くて擦ってしまったり、花粉症のアレルギー症状に耐え切れずに掻き続けると、擦られることでキメが乱れ、バリア機能が弱まります。

すると、お肌が乾燥しやすくなり、しわができやすくなってしまうのです。

 


また、何度も同じ向きに擦っていることでしわがより、そのしわが固定されてしまうケースもあります。

痒みがひどい時には、皮膚科で薬を処方してもらったり、応急処置としては、冷やしたタオルを目に当てるなどして、痒みをこらえましょう。

 

 

 

頭皮のたるみ


目元をピッと引っ張ってみると、目の下のしわが少し改善しませんか?

 

 

お肌がたるむと目の下にしわがよりやすくなり、そのまま定着してしまうケースはかなり多く見受けられます。

お肌のたるみが原因ではありますが、以外と見落としがちなのが頭皮のたるみです。

 

 

全身は一枚の皮膚で覆われており、頭皮も当然たるんできます。

頭皮がたるむということは、そのすぐ近くの額やフェイスラインが影響を受け、たるみが促進されてしまうのです。

 


リフトアップをする時には、顔だけじゃなく、頭皮から持ち上げるようにケアを行いましょう。

 

 

シャンプーやコンディショナーを使う時、頭皮を動かすようにマッサージするだけでも、頭皮の血行を良くする効果があります。

 

 

頭皮の血行が良くなれば、栄養素が行きわたる様になり、頭皮のたるみを予防することができますよ。

 

 

ところで、目の下のしわに関して、こんなコメントを見かけます。

 

 

「しわができてしまってあせりましたが、毎日目の下にパックをして、保湿に力をいれたら何とか元に戻りました」

 


「しわができて以来、どんなケアをしても元に戻らなくて困っています。」

 


元に戻った人と、戻らなくなってしまった人。

 

 

どんな違いがあるのでしょうか。

 


結論から言うと、小じわなら元に戻る可能性がありますが、深いしわを元に戻すのは難しいです。

まず、しわができたけどなんとかなった人のしわは、真皮性の深いしわではなく、乾燥による小じわであると考えられます。

 

 

この場合、しっかり保湿して潤いを与えることで、元のふっくらとした目元に戻ることが多いのです。

 

 

一方、真皮性の深いしわができてしまったらやっかい。

お肌の調子によって、目立たない日とクッキリとしわが見える日といった差はあるかもしれませんが、完全に立ち直らせるには治療が必要です。

 


治療とは、例えばヒアルロン酸注入やフォトフェイシャル、トレチノインなどクリニックでしか入手できない美容液などです。

 

 

深いしわができてしまうと、治すにはお金も時間もかかってしまいます。

 


目の下のしわは作らせないのが一番。

なるべく擦らず触らず、まるで宝石を扱うかのような意識でお手入れしましょうね!

 

 

関連記事

  1. 冒頭画像
  2. おでこしわ取りクリーム
  3. 目元美容液での、しわ対策
  4. フラバンジェノールのトライアルセット
成長因子で発毛促進