[記事公開日]2018/12/19
[最終更新日]2018/12/15

レーザーシミ取り後のケアって?洗顔や軟膏、テープ絆創膏、化粧まで

この記事は5分で読めます

 

美白ケアをしてもなかなか取れたり消えることのないシミって何がをするのが一番早くシミ取りできるの??ってシミに悩む人は思いますが少しでも早くシミを取るためにはレーザーでシミ取りがシミを早く取る一番早い方法なんです。

 

シミって美白化粧品を使っても紫外線対策をしてもすぐに消えたりいつの間にかシミなくなってる?なんてことは絶対にないので時間をかけず早くシミとサヨナラしたいのであればレーザーでシミ取りするのが一番効果的なんです。

 

「もうこんなシミだらけの顔のままでいるのは嫌!!」

 

「シミのない肌に早くなりたい!!」

 

そう思い続けて数年目の私からすればこれ以上美白ケアや紫外線対策を続けるよりもレーザーでシミ取りしてしまおう!!と心に決めたのですがレーザーでシミ取りするとレーザーの種類によってそれぞれ施術後のケアが必要なことが分かったんです。

 

シミ取りするレーザーの種類にもよりますが洗顔ってどうするの?とか顔に軟膏を塗り続ける、患部に絆創膏やテープを貼って保護したり化粧がすぐにできなかったりと顔に絆創膏を貼ったり化粧ができないことは私にとって致命的なので術後のケアって必要なの??って思ったんです。

 

シミは取りたいけれどレーザーでシミ取り後ってレーザーの種類によって違うケアが必要になるのでシミ取りした後で「そんなケアするなんて知らなかった!!」って思いたくないですもんね。

 

せっかくとるなら綺麗にシミを取って欲しい!でも術後のケアってどんなことをするの?洗顔はいつから?化粧できなかったり顔にテープや絆創膏を貼るのならどのくらいの期間?って知らないことのほうが多いんです。

 

そこで!レーザーでシミ取りした後のケアってどんなことをするの?どのくらいの期間ケアを続けるの?などレーザーでシミ取りしなければわからない患部に絆創膏やテープを貼る理由やその期間、軟膏を塗る、洗顔や化粧ができない期間は?レーザーシミ取り後のケアをわかりやすく丁寧に説明しています。

 

  • レーザーによってケアの仕方は違うの?
  • どのくらいの期間術後のケアを続けるの?ケアって絶対必要なの?

 

シミのない綺麗な肌になるためにレーザーシミ取り後の必要なケア方法や必要性を解説していくので「このレーザーでシミ取りするとこんなケアが必要なんだ!」って納得してからレーザーでシミ取りを検討してくださいね!

 

 

レーザーシミ取り後のケア方法は?

 

レーザーでシミを取ってしまえばもうシミに悩むことはない!!って思いがちですがレーザーでシミを取った後でもしっかりケアをしないとシミ取りした患部が傷になったりシミが綺麗に取れない可能性もあるのでシミ取り後の術後のケアって本当に大切なんですっっ。

 

「シミってレーザーで取っっちゃえば終わりだよね?」無知な私はレーザーでシミ取りしてしまえばシミは綺麗に取れてすぐにシミなしの肌になれるって思い込んでいましたがレーザーシミ取りしてもすぐにシミが取れるわけじゃないんです。

 

シミ取りしたレーザーの機種によっては患部に軟膏を塗り続けたりテープや絆創膏で患部を保護したりとシミ取り後の術後のケアは綺麗なシミなし肌になるためには必要不可欠なのでどのようなケアが必要でどのくらいの期間ケアを続けるのかをシミ取り前にておきましょう。

 

YGAレーザー

シミ取り後、1週間は絆創膏やテープを貼ってシミ取りした患部を保護する。 

テープや絆創膏で患部を密閉するので当日から洗顔できることが多いですがクリニックによっては翌日から洗顔可の場合もあるようです。

 

Qスイッチルビーレーザー

シミ取り後は1日に1~2回シミ取り患部に軟膏を塗る。

1週間位ガーゼなどで患部を保護し続けだいたいシミ取りの翌日からは洗顔できるようになります。

 

炭酸ガスレーザー

シミ取り後1週間~10日は塗り薬と絆創膏で患部を保護。

深く照射場合以外は当日から洗顔できることもありますがシミ取りの翌日から洗顔の場合もあります。患部を保護するテープや絆創膏の上からお化粧をしても大丈夫です。

 

フォトフェイシャル、レーザートーニング

ダウンタイムが必要ないシミ取りなので術後すぐにお化粧することができるので女性にとってはとてもありがたいシミ取り法ですね。

 

レーザーの種類によってシミ取りと言っても術後のケア方法にはかなり違いがありますよね。

 

特に!肌をこすりやすい洗顔でレーザーでシミ取りした患部をこすってしまうと刺激になり化膿したり傷ができてしまうことがあるので優しく、丁寧な洗顔をすることを心がけることが大切ですよ!

 

これらのケアはレーザーでシミ取りした後、シミなしの綺麗な肌になるためには絶対に必要なケアばかりなので術後のケアをしっかりと行ってシミなし美肌になるために数日間のケアを頑張りましょう!!

 

 

シミ取り後のケア期間とケアって絶対なの?

 

シミ取り後のケア方法はレーザーの種類によってケアが必要でなかったり1週間以上ケアが必要な場合もあったりとまちまちですが術後翌日からの洗顔だったり1週間以上、シミ取り患部に軟膏を塗ったりテープや絆創膏を貼るなんて「そんなに必要?」って思っちゃいますよね。

 

術後のケア期間は大体1週間~10日くらいですがケアが必要な期間中、シミ取り当日は洗顔できないことや顔に絆創膏をやテープを貼ったり軟膏を塗るのってお化粧したり洗顔のことを考えると必要かな?長くない?って私は思ったんです。

 

ケア期間、ケア方法をもっと短く、簡単にできないのかな?と思った私はレーザーでシミ取り後のケア期間やケア方法を調べていくとレーザーでシミ取りしたからと言ってすぐにシミがポロっと取れるわけじゃなく施術後にケアが必要なのはレーザーを当てたシミが綺麗に、傷にならないようにするためのケアだったんです!!

 

レーザーを当てたばかりでデリケートになっているシミ取り当日に洗顔してしまうとシミ取りした患部の刺激になってしまうことがあるので当日から洗顔可以外の場合は翌日まで洗顔は我慢することが患部の化膿を防いだり傷にしないためにはとっても重要なケアなんです。

 

レーザーでシミを取ってもその場でシミが取れるんじゃなくレーザーを当てたシミはカサブタになりそのカサブタが自然に取れることでレーザーを当てたシミがカサブタと共に剥がれるのです。

 

カサブタが自然に剥がれる前にムリに剥がしてしまったり刺激によってカサブタが取れてしまうとシミ取りした患部が化膿して傷が残っちゃうこともあるんです。

 

「1週間も顔に絆創膏貼らなくても大丈夫でしょ~」て軽く思っていた私も「せっかくレーザーでシミとったのに化膿したり傷が残っても嫌だわ」って調べていくうちに強く思うようになりました。

 

せっかくシミ取りしたのにシミがあった場所に傷ができたら悲しすぎでしょ・・って思えました。

 

綺麗な、シミのない肌になるためのレーザーでシミ取りしたのだからレーザーの機種に合わせたシミ取り後のケアもケアを行わなきゃいけない期間も綺麗な肌になるためには絶対に必要なのです!!

 

なので洗顔できる時期を守らなかったり勝手に軟膏を塗るのをやめる、テープや絆創膏を剥がす、カサブタを取ってしまう行為はシミ取りした患部を化膿させないため、傷にならないよう絶対にやってはいけないことなんですね。

 

1週間~10日って長く感じますがこの期間が過ぎればシミがない肌が待っている!!と思えばケアも頑張れちゃうのでシミ取りした患部をしっかりケアしてあげましょうね。

 

 

 

レーザーでシミ取り!!信頼できる皮膚科を見つけるためには

 

レーザーでシミを取った後にケアをする期間はシミレス肌に、綺麗な肌になるためには絶対に必要でしたね。

 

シミ取り後のケアもしっかりとする!患部に刺激を与えないため翌日から洗顔したり顔に絆創膏やテープを貼るのも軟膏を塗るケアも問題なし!

 

じゃあ今すぐシミ取りしてもらうクリニックを探そう!!って思ってもシミ取りってデリケートな施術なので治療法にも金額、ケア方法まで納得できるクリニックでシミ取りしたいですよね。

 

レーザーでシミ取り!!って考えたときに私が一番に考えたことは一回の施術だとしても通いやすい場所にあるクリニックなのか、そして実際にレーザーでシミを取った人の口コミができれば知りたい、治療にかかる値段も術後のケアはどんなことをするのかまで受診前にわかるクリニックでシミ取りしたい!!って思いました。

 

「どうやって腕も評判も口コミもいい皮膚科を探すの?」シミ取りの実績や値段、口コミがわかるクリニックを探すためのシミ取り関連ページ載せておきますね。

 

自分にピッタリの皮膚科を探せるのでよかったら覗いて皮膚科探しの参考にしてくださいねっっ。

シミ取り治療を行う美容外科・美容皮膚科おすすめ・ランキング10選

 

 

関連記事

  1. 台湾シミ取りクリームミロルは台湾マダムも教えたくない秘密アイテム
  2. シミが薄くなるように週に1度のガスール粉末の泥パックの使いかたを解説
成長因子で発毛促進