[記事公開日]2018/12/04

レーザーでシミ取り後はテープ絆創膏はなしでいい?経過後の絆創膏は

この記事は6分で読めます

「これって何とかなんないのかな?」?

 

シミを見るとそう思ってしまう事もありますよね。

 

シミ取りって美白化粧品を使ったスキンケアだけでは結果が出るまでに時間がかかるのでシミを見るたびに

 

「このシミ早く取れる方法ないの?」

 

って思ってシミ取り治療のことを調べていくとレーザー治療を受けることが一番早くシミが取れるようなんです。

 

「レーザーって大丈夫?」

 

「痕が残ったりしないのかな?」

 

レーザーを受けてシミ取り治療することで心配してしまう事は顔にレーザーを当てて大丈夫なのか?

 

痕が残ったりしないかは特に女性ならばとても気になってしまう事です。

 

シミが気になり続けている私もレーザー治療でシミを取るならば何より心配なことは痕が残ってしまうこと、レーザーでシミが取れるのか?

 

ってことが疑問だったんですがシミ取り治療に使うレーザーは痕が残らないくらい弱めの照射で行うようなので

 

「それならレーザーでシミ取りできる!」

 

って思ったんです。

 

しかしさらに調べるとレーザーでシミ取りした後は治療した患部にテープや絆創膏を貼って治療した傷口を保護しなければならないようなんです。

 

「顔にテープや絆創膏を貼ってたらメイクできない?」

 

「そもそも顔にテープや絆創膏貼ってたら目立つよね?」

 

近所に出かける時でもしっかりメイクで外出する私にとって「顔に絆創膏やテープを貼り続ける」ってレーザーでシミ取りしたら絶対なの?ってかなり疑問に思ったんです。

 

女性は顔にテープや絆創膏を貼って外出すること、そのテープや絆創膏が目立つのはできるだけ避けたいですよね。

 

そこでレーザーでシミ取りした後にはテープや絆創膏で患部を保護しなければならないの?

 

保護するならどのくらいの期間テープや絆創膏で保護するの?

 

などレーザー治療でシミ取り後の傷口を保護する理由や経過後の絆創膏やテープの使用についてわかりやすく解説しています。

 

  • レーザーでシミ取りしたらテープや絆創膏を貼らなければいけないの?
  • どのくらいの期間レーザー治療した患部をテープや絆創膏で保護するの?

 

レーザーでシミ取り治療を行ったらテープや絆創膏で患部を保護しなければいけないのか?

 

いけないのであればその理由は?

 

どの位の期間?

 

など女性にとってはレーザー治療を受ける以上の大問題である治療後の患部にテープや絆創膏を貼っておく問題をわかりやすく説明していきますね。

 

レーザーでシミ取りしようと考えていた人はこの記事を読んでから治療を初めても遅くないですよ。

 

 

レーザーでシミ取りしたらテープや絆創膏を絶対貼るの?

 

美白化粧品を使ったスキンケアではシミが取れるまでには時間がかかる、本当にシミが綺麗に取れるのかもわからないとシミって薄くするのも取るのも一苦労なので

 

「レーザ治療でシミが取れるなら」

 

って思い切ってレーザー治療を受けると決めてもレーザーを当てた患部はテープや絆創膏で保護しなければならないようなんです。

 

「顔には絆創膏貼ったら目立つじゃん?」

 

ってシミが取れるのかどうか以上に新たな悩みが出てきてしまいました。

 

どんなに小さかったり肌の色と近いテープや絆創膏でも顔に貼っておけば絶対に気づかれちゃいますよね。

 

「顔にテープや絆創膏を貼ったままじゃメイクができない」

 

「テープを貼ったままの顔で会社や仕事に行くの?」

 

女性にとってレーザでシミ取りさえ大問題なのに顔にテープや絆創膏を貼ったまま過ごすなんてレーザー治療以上に大問題ですもん。

 

「せっかくレーザーでシミ取りしようって決めたのに絆創膏やテープって貼らなきゃダメなのかな?」

 

レーザーでシミ取りしたい!

 

そう決めた私が初めに思ったのがレーザー治療を受けたら患部にテープや絆創膏を貼り続けなきゃいけないの??

 

ってことでした。

 

シミは取りたいけど顔に絆創膏やテープは貼りたくない!

 

そう思ってなぜレーザーでシミ取りした後はテープや絆創膏で患部を覆うのか調べてみるとレーザー治療後、シミの患部にできたカサブタが自然に剥がれるまで患部をしっかりと保護することが一番の目的なんですっっ。

 

これはシミにレーザーを当ててシミ取りしてもその場ですぐにシミがポロっと取れるわけじゃなくレーザーを当てたシミは一度シミの色が濃くなりその後少しずつカサブタになって10日から2週間ほどで自然にカサブタが剥がれ落ちるまでテープや絆創膏でカサブタをガードするためなんです。

 

カサブタを指で剥がしまうとレーザーを当てた患部を傷つけてしまう可能性があることはカサブタをテープで覆っておくことでテープの中の患部は保湿状態を維持できるのでカサブタの治りが早くなるのです。

 

テープや絆創膏を貼らないとせっかくできたカサブタが剥がれてしまう・・

 

顔にテープや絆創膏を貼りながら生活をするのは大変ですがシミのない綺麗な肌!

 

になるためのレーザー治療なので頑張ってカサブタが自然に剥がれるまではしっかりガードしてあげる必要があったんですね。

 

「顔にテープ貼っておくの??」

 

って最初は思っていましたがレーザーでシミを取った経過後は患部を保護するためにテープや絆創膏を貼っておく必要があるとわかり納得できたのでカサブタが取れるまでの我慢!

 

と思って早くシミのない肌に出会いたいですね。

 

 

レーザーでシミ取りしたら患部にどのくらいの絆創膏を貼っておくの?

 

レーザーでシミを取った後はカサブタが自然に取れるまでテープや絆創膏でレーザーを当てた患部をガードしておかなければならない理由は納得できましたがならば!一体いつまで?

 

顔にテープや絆創膏を貼っておかなければならないのかも女性にとっては問題ですよね。

 

レーザーでシミ取りした患部をテープや絆創膏でガードしカサブタが自然に剥がれるまで待つ、大きさにもよりますがカサブタが自然に剥がれるまでには早くて一週間位で取れはじめ大体10日から二週間くらいかかるみたいです。

 

「そんなに長期間、顔にテープや絆創膏を貼り続けるの?」

 

外出する時にはメイクが必要な女性が10日から2週間も顔にテープや絆創膏を貼ったままで生活することはとても大変なことですよね。

 

しかし!

 

ここで自然にカサブタが剥がれるまでレーザーでシミ取りした患部をテープや絆創膏でガードしておかないとせっかくレーザーでシミを取った患部に傷ができたり痕が残ってしまう可能性も考えられるんでカサブタが自然に剥がれるまで患部をガードすることはシミのない綺麗な肌になるためにもとても重要なことなんですっっ。

 

メイクが必要不可欠な私にとって顔にテープや絆創膏を10日から2週間も貼り続けることは苦行でしかないと思ったんですが

 

「これが終わればシミなしの肌に!」

 

って思えば顔にテープを貼ることも

 

「無理でしょ・・」

 

ではなく

 

「メイクで上手くテープを隠せないかな?」

 

って思えるようになったんですね。

 

女性にとって顔にテープや絆創膏を貼り続けるなんて嬉しいって思う人はいませんが現在は顔に貼ってもあまり目立たない透明のプや絆創膏などで患部を保護する時もあるのでレーザー治療前にどんなテープや絆創膏で患部をガードするのかを先に確認しておきましょう。

 

 

 

 

レーザーでシミ取り後の肌のお手入れ法テープ絆創膏を貼らないと・・・貼っておくと

 

レーザーでシミ取りした患部をカサブタが取れるまでの10日から2週間はテープや絆創膏でガードすることはシミのない綺麗な肌になるためには絶対に必要なことなんですね。

 

テープや絆創膏を患部に貼らないと自然にカサブタが剥がれない傷が残る可能性もある!

 

摩擦によってカサブタが剥がれてしまう可能性がある
自然にカサブタが剥がれていないので患部に傷が残る可能性もある

 

テープや絆創膏をシミ取り後の患部に貼れば治りが早くて傷にならない!

 

せっかくレーザーでシミを取ったのに傷が残ったり綺麗な肌になれなかったら悲しい気持ちになりますよね。

 

でもレーザー治療経過後にテープや絆創膏を貼るのは明確な理由があったんです。

 

レーザーでシミ取りし綺麗な肌になるためにはカサブタが自然に取れるまでテープや絆創膏でしっかりガードして傷を綺麗に治すこと!!

 

しみ取り後の患部にテープや絆創膏を貼っておくことにも納得できました!!

 

「カサブタが取れればシミのない肌になっている!」!

 

そう思って早く自然にカサブタが剥がれるようにしっかり患部をテープや絆創膏で保護してあげましょう。 

 

レーザーでシミ取りしたら綺麗な肌になるためにはかさぶたが取れるまでテープや絆創膏でしっかりガードする!私もやっとシミ取り後にテープや絆創膏を顔に貼る理由に納得できました!

 

シミ取りした後の患部を保護する理由はわかったので後は美容外科や美容皮膚科やを探してレーザーでシミ取りしてもらうのみですねっっ

 

でもレーザー治療って料金分かりづらかったりどこの美容外科や美容皮膚科でシミ取りをしてもらえばいいのかをどうやって探せばいいのかって難しいし腕が良い!

 

この病院でシミ取りしたい!

 

ってどうやって病院を選べばいいかわからないんですよね。

 

特に今までに美容外科や美容皮膚科を利用したことがないと

 

「この料金って高いの?」

 

「この病院を選んじゃって大丈夫だったかな?」

 

ちょっと不安にもなっちゃいます。

 

シミ取りにかかる料金はどの位?

 

シミ取りが上手い先生がいる病院が分からない、シミ取りが上手い病院を受診したいなど美容外科や美容皮膚科探しに困ってしまったら治療費やシミ取り方法、レーザーの種類やクリニックの評判まで載っているシミ取り関連ページの美容外科や美容皮膚科探しを参考にしてくださいね。

 

数日間とはいえ顔にテープや絆創膏を貼り続けて生活するなら料金も治療法にも納得できるクリニックで治療を受けたいですもんね。

 

少しでも早くレザー治療した患部の絆創膏が取れるような腕が良くシミ取り技術にも納得できる美容外科や美容皮膚科でレーザーでシミ取りしシミのない肌になっちゃいましょう。

 

腕が良く口コミが良い病院がここから探せますっっ!!

シミ取り治療を行う美容外科、美容皮膚科おすすめ・ランキング10選

 

 

関連記事

  1. 台湾シミ取りクリームミロルは台湾マダムも教えたくない秘密アイテム
  2. シミ取りレーザー体験ブログ経過、写真画像などまとめ
  3. ケシミンでシミが消えない?人気があるのにシミ取りできない理由とは
成長因子で発毛促進