[記事公開日]2018/12/01

皮膚科でシミ取りレーザーで挑戦!おすすめ、料金は

この記事は4分で読めます

目の下に指を当てる外国人女性

 

ずっと前から気になっていたシミをどうしても今すぐ消し去りたいと思った時、『レーザー治療に挑戦してみようかな』最近そんな思いが浮上しつつあります。

 

皮膚科に行けばレーザーでシミ取りってしてもらえるのかな?

 

料金も気になりますよね、法外な値段を言われておろおろするのもはずかしいですね。

 

それにある程度はどんな種類のレーザーがあるとかも気になるし。

 

レーザーでシミ取り、皮膚科でどんなレーザー治療をしてもらえるのか、料金はいくらくらいなのかご紹介したいと思います。

 

 

皮膚科でシミ取りレーザーってできるんでしょうか?

 

皮膚科でシミ取りってしてもらえるのでしょうか、皮膚科でレーザー治療できるなら保険が適用になりそうですよね。

 

シミ取りをする場合、皮膚科ではレーザーを扱っているところはあまりないようです。

 

美容皮膚科の場合はレーザーでシミ取りをする機器もあるし、レーザーを扱える医師もいます。

 

皮膚科でシミ取りができるのは脂漏性角化症というシミが盛り上がっていぼのようになったものを液体窒素で取ることが可能です。

 

脂漏性角化症の場合は保険適用があります。

 

いわゆる老人性色素斑といわれる加齢によるシミはレーザー治療がむいています。

 

残念なことに皮膚科ではレーザー治療はしてもらえないことがほとんどです。

 

保険適用になれば格安でシミ取りできるのにとちょっと残念ですね。

 

レーザーでシミ取りをしたいと思ったら、皮膚科に行くよりも美容皮膚科をおすすめします。

 

美容皮膚科でシミ取りをしてもらおう!と決まったらレーザーの種類やおすすめとか口コミ、料金が気になりますね、料金や種類を見ていきましょう。

 

 

レーザーの種類とおすすめレーザー、料金が気になりますね~

 

ひとくちにレーザーでシミ取りといってもシミにも種類があるように、それに合わせてレーザーの種類も選んで治療ができます。

 

肝斑だった場合、いわゆる老人性色素斑のシミと違ってとても弱いレーザーのものを当てないとかえって悪くしてしまうこともあるのでまずは皮膚科の医師に診断してもらいましょう。

 

肝斑か普通のシミかも判断してもらえるので、自分のシミがどんな種類なのかもわかって助かりますよね。

 

ピンポイントで1つ、2つだけのシミならQスイッチルビーレーザーがおすすめです。

 

小さいものなら5000円くらい、1㎝四方1万円から1万5千円(皮膚科で値段が変わります)と思ったほど高くはないですね。

 

広範囲に広がってできてしまったシミにはフォトシルクプラスと言うレーザーがおすすめです。

 

レーザーができてしまったシミに隙間なく届くマイルドな光でシミ取りをします。

 

フォトシルクプラスのお値段は頬と鼻の場合1回4000円くらいです。

 

平均3回から5回フォトシルクプラスでシミ取りをします。

 

また、肝斑のようなホルモンバランスの乱れでできてしまったシミにはレーザーの強いものはかえってシミをひどくしてしまうので、、メドライドがおすすめです。

 

メドライドは肝斑専用レーザーで、炎症も起きにくい穏やかな作用のシミ取りレーザーです。

 

肝斑に強いQスイッチルビーレーザーのようなレーザーを当ててしまうとシミが返って濃くなってしまいます。

 

肝斑と混在したシミがある場合などは先に肝斑治療をしてからがおすすめです。

 

お値段は頬と鼻で1回4000円 5回ほど治療が必要です。

 

マイルドなレーザーだと、数回通って徐々にシミ取りをするほうがお肌にも負担がかかりませんね。

 

せっかく皮膚科でシミ取りをしたのだから、経過や効果はどうなんでしょうね?

 

皮膚科専門医が施術するのだから、きっと経過もきれいに仕上がるのかな?

 

鏡を見ながら髪を気にする日本人女性

 

 

皮膚科でシミ取りレーザーの経過は期待通りになるのか

 

シミ取りレーザーを皮膚科でしてもらった、してもらうことで満足してしまってシミ取り後の経過ってあまり気にしていない人多いと思います。

 

私もきっと『レーザーシミ取りしてきた!!!』って友達に報告してその後の経過のことなんて何も考えないかも(笑)

 

でも皮膚科でシミ取りレーザーした後の経過を知っているのと知らないのとでは気の持ちようが全然違うと思います。

 

Qスイッチルビーレーザーをした場合、施術中もゴムではじかれたような痛みに耐え、軽いやけど状態になります。

 

きっと施術後すぐの顔見たらがっかりすると思いますってくらいキズができたような感じです。

 

1週間くらいで施術部分がかさぶたになってはがれおち、そこからは綺麗なピンク色の肌がでてきます。

 

でも3か月目くらいから炎症後色素沈着が起きる場合がありますが、自然と消えていくものなので大騒ぎすることもないですね。

 

大体シミ取りができたなと思うのに半年はかかると思っていたほうが良さそうです。

 

施術後は皮膚科で色が目立たない保湿テープを患部にはってくれるので傷も気にならないと思います。

 

それでもテープを張った顔は嫌だなと思ったらマスクをするとか帽子を被るなんてのもいいかもしれないですね。

 

フォトシルクプラスで施術した場合は、顔全体に光を当てるのでレーザーもマイルドな光です。

 

1週間でゴマのように黒く濃くシミが出て1週間でシミが消える、と言うのを1か月に1回繰り返して必要な回数でシミ取りができます。

 

こちらはレーザーがマイルドなだけに痛みを伴うことがほとんどないのがいいですよね。

 

肝斑専用のメドライトはメラニン色素を少しずつ破壊して肌のターンオーバーを促進します、1か月に1回の治療を5回で肝斑を消す。

 

メドライドは多少痛みがあるようですが、Qスイッチレーザーのような痛みではなくちょっと我慢すればいい程度。

 

人によっても痛みの感じ方って違うので何とも言えませんが、場合によっては肌が炎症を起こす場合もあります。

 

肝斑治療は内服薬トラネキサム酸も並行して飲んで体の中からもシミを取る助けをしてくれるんです。

 

いずれにしてもどのレーザーで治療してもすぐにシミ取りができちゃうわけではないですね。

 

シミが取れるのは簡単ですけど、その後のアフターケアがシミと早くおさらばするポイントですね。

 

シミ取りレーザー経過、治療後の関連ページ

 

 エステで美顔器を当てられる外国人女性

 

いかがでしたか?

 

皮膚科でシミ取りレーザーで挑戦、レーザーの種類やおすすめ、料金、経過について紹介しました。

 

皮膚科と一口に言ってもシミ取りレーザーをしたい場合、一般的に言う皮膚科にはレーザー機器を用意していることろがあまりないようです。

 

シミ取りレーザーをしたい場合は美容皮膚科に行ってみましょう。

 

シミ取りの専門医による高い技術でシミ取りをしてもらえます。

 

お値段も美容皮膚科でするの?って思うとなんとなく高いイメージってありますけど、5000円くらいからだったり、高くても1万5千円くらいと比較的施術が受けやすいと思います。

 

ただ、お値段は皮膚科によって違うのでそのあたりは事前に調べておきましょうね。

 

経過はレーザーの種類によってさまざまです。

 

Qスイッチルビーレーザーのように光がきついものはどうしても炎症も起きやすくなります。

 

経過が思っていたのと違うなと思ったら施術病院に行って医師の指示をうけましょう。

 

レーザーでシミ取りしても完全にシミが消えるまでに半年はかかります、じっくりとシミ取りをしたいですね。

 

シミ取り関連ページではレーザー治療のスペシャリストがそろっている美容皮膚科をおすすめしています。

 

口コミで評判のいい皮膚科でシミ取りしたいですよね。

 

ランキング形式であなたも知っている皮膚科も登場するかもしれないですよ、シミ取りレーザー治療を考えているならのぞいてみてくださいね。

 

シミ取りを行う美容外科・美容皮膚科おすすめ・ランキング10選

 

 

関連記事

  1. シミ取り化粧品ほんまでっかでアルバニアが嘘と噂された理由とは
  2. シミ取りにハイドロキノン?医薬品でもおすすめが!その効果と副作用
  3. サクッと韓国シミ取りツアーでおすすめ病院3選紹介しちゃいます
  4. シミ取りレーザー機器業務用と家庭用の違いと家庭用の効果のほど
成長因子で発毛促進