[記事公開日]2018/08/21
[最終更新日]2018/10/13

ケシミンでシミが消えない?人気があるのにシミ取りできない理由とは

この記事は4分で読めます

ケシミンでシミが消えない?人気があるのにシミ取りできない理由とは

 

ある日鏡をのぞいてみたら顔にシミが!驚愕ですよね。

 

シミを発見してしまったらまず誰しもが「どうにかしてシミを消さなくては」そう思いますよね。

 

そうだ、テレビでCMをやっているケシミンってどうかな?

 

わらをもすがるような気持ちになり、商品名の通りシミは消えるはずと思いあなたもその日のうちに買いに行くでしょうね。

 

ケシミンを塗りさえすればきっとすぐにシミは消える、シミ取りなんて楽々と思っていたのも日が経つにつれて『おかしいな、なんでシミが消えないんだろう』そう思ってくる人が多いようです。

 

実際に私もケシミンクリームを塗って1本使い終わってもシミが消えませんでした。

 

せっかく買ったのにシミが消えないなんて嘘でしょう?ってそのあと他の化粧品を必死で探した記憶があります。

 

果たしてシミ取りに人気のケシミンは本当にシミを消してくれるのでしょうか?

 

せっかく買ったのに効果なしで捨てるのも勿体ない、買う前に参考になればいいなと思ったので、ケシミンを実際に使ってみてわかったことをお伝えしたいと思います。

 

 

ケシミンがシミ取りで人気の理由とは

 

シミ取りと言って最初に頭に浮かんでくる化粧品と言ったらなぜなのか『ケシミン』と思う人が多いですよね。

 

理由で誰もが思い当たるのがテレビCMですよね。

 

「気になるところに塗りこむと、シミがあれ?消えてるんじゃない?」とか『塗り込むだけでどんどんシミが消えていく』「もう使った?」なんて言われるとシミが本当になくなってしまうかのようなCMで、シミが消えなくて悩んでいる人は『即、買わなくちゃ』って思ってしまいますよね。

 

名前も『ケシミン』とても覚えやすいですし。

 

ケシミンはシミ取りに人気の理由の一つは誰でも気軽に買えるところです。

 

ドラッグストアやスーパーで手に取ってすぐレジに!

 

もう気分はシミが消えたも同然です(笑)

 

塗るだけでシミが消えていく画像も印象的ですよね。

 

しかも小林製薬という製薬会社が出しているから安心、安全という先入観もあると思います。

 

小林製薬のホームページでケシミンの載っているページをのぞいてみました。

 

ケシミンのラインナップは沢山あってクリーム、化粧水、乳液どれから使ってみようかな、シミ取りが素早くできそうな商品はどれだろうと思ってみていたら『え?』と思う文字を発見してしまいました。

 

ケシミンはシミ取りすることができないのです。

 

ケシミンでシミが消えない?人気があるのにシミ取りできない理由とは

 

 

ケシミンはシミ取り化粧品ではなくてシミを防ぐ化粧品だった!

 

よくよくケシミンのページを見ていて気が付いたのは『シミを防ぐことができる』という文字でした。

 

『あれ、シミが消えるんじゃないの?』

 

商品名のケシミンから想像するのは『シミが消える』ですよね。

 

シミ、消えませんし取れません(笑)

 

ケシミンはそもそもシミ予防の化粧品だったのです。

 

きちんとホームページを読んでいけば『メラニンの生成を抑えて、シミ、そばかすを防ぐ』と書いてありました。

 

某スキンクリニックの院長さんのホームページにもケシミンでシミ取りはできないと書いてありました。

 

いくら使ってもできてしまったシミはなかなか消えないのです。

 

 

じゃあ、ケシミンなんて名前つけなければいいのにねと思う方も沢山いらっしゃいますよね。

 

私なら『ケシヨボ』とかつけてしまうかもしれません。

 

世間の人はケシミンという商品名で勝手にシミが消えてなくなってしまうと勘違いしていたのです。

 

では本当にケシミンでシミ取りができないのか成分はどうなのでしょう?

 

ケシミンでシミが消えない?人気があるのにシミ取りできない理由とは

 

 

ケシミンは結局シミを防ぐためのものでシミ取りはできない

 

ケシミンの成分の中に「L-アスコルビン酸 2-グルコシド」というものが入っています。

 

これはビタミンc誘導体で安定性の高いものですが、皮膚ではビタミンCに変換されにくい成分です。

 

なので、美白作用によってシミが消えるのかというとそこまでの効果がないのです。

 

あくまでもシミ予防の商品ということが分かりました。

 

一部のユーザーの中にはシミが消えた、シミが取れたという口コミをされている方もいますが、シミにも種類がありいわゆる皆さんが悩んでいるシミは「老人性色素斑」という加齢によるものがほとんどです。

 

中にニキビや虫に刺されて跡が残ってしまった「炎症後色素沈着」という場合のシミもあり、それはケシミンを使わなくても自然に消えていくものです。

 

たまたま、ケシミンを長く使っていく過程で自然に消えていったものをケシミンでシミ取りができた、消えたといっているものが実は全く関係がない場合がほとんどです。

 

または、肝斑というそばかすの場合春から夏にかけて濃くなり、秋から冬にかけて薄くなっていきます。

 

それに、ホルモンバランスのせいで肝斑は薄くなったり濃くなったりします。

 

女性の場合生理前は特に濃くなります。

 

ケシミンはあくまでもシミ、そばかすの予防として使うのが有効ということが分かりました。

 

ケシミンに配合されているビタミンC誘導体のおかげも多少無きにしもあらずですが、ほぼ、シミ取りには効果がないということが分かりました。

 

 

まとめると、ケシミンでシミが消えない

 

1、ケシミンがシミ取りで人気の理由は、誰もが思い当たるのがテレビCM

「気になるところに塗りこむと、シミがあれ?消えてるんじゃない?」とか『塗り込むだけでどんどんシミが消えていく』「もう使った?」なんて言われるとシミが本当になくなってしまうかのようなCMで、シミが消えなくて悩んでいる人は『即、買わなくちゃ』って思ってしまう。

 

2、ケシミンはシミ取り化粧品ではなくてシミを防ぐ化粧品

ケシミンのホームページを読んでいけば『メラニンの生成を抑えて、シミ、そばかすを防ぐ』と書いてある。

 

3、ケシミンは結局シミを防ぐためのものでシミ取りはできない

あくまでもシミ予防の商品ということが分かる。

 


ケシミンは、シミ取りには効果がないということでした。

 

 

できてしまったシミにはどんな化粧品があるのか…こちらの記事も合わせてどうぞ。

⇒ 【進化した】ハイドロキノンでシミ取り効果!?すごく嬉しい。使うたびにシミが薄く感じるシミ取りクリーム!

 

 

関連記事

  1. ルビーレーザー、低周波、液体窒素でシミ取りの経過と注意点は?
  2. レーザー治療後のシミ取りテープって市販でも大丈夫?
  3. 背中にシミがっ!背中のシミ、レーザー治療で取れるかもよ~
  4. シミ取りコスメ、市販シミ取りクリームの効き目を口コミまとめ
成長因子で発毛促進