[記事公開日]2018/07/20
[最終更新日]2018/08/02

シミ取りクリーム口コミランキング市販から皮膚科噂のアルバニアまで

この記事は8分で読めます

冒頭画像

 

年々増えてくるシミを何とかしたい!

 

気が付くと、身に覚えのないシミが増えてることってありますよね。

薄くて小さいときはわからなかったのに、徐々に濃くなって「あ、こんなところに!」とショックを受けるわけです。

 

最近は、冬でも日焼け止めを塗るのが当たり前だし、ファンデーションや下地にも日焼け止め効果がありますよね。

なので、普段お化粧している多くの人は、紫外線対策をしているはずなのです。

 

でも、できてしまう時は出来てしまうもので、だったら、できてしまったシミをどうにかするしかありません

 

そこで注目したいのが、シミ取りクリームです。

シミが気になる人は、一度は手に取ったことがあるのではないでしょうか。

 

今回は、市販品から皮膚科で処方される物まで、口コミで大人気のシミ取りクリームをランキング形式でご紹介したいと思います!

 

シミの種類

シミ取りクリームをチェックする前に、シミの種類について確認してみましょう。

なぜなら、あなたのシミがどのシミなのかによって、選ぶべきシミ取りクリームが変わってくるからです!

 

シミは主に、次の6つの種類に分けられます。

 

  • 老人性色素班
  • 脂漏性角化症
  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑
  • そばかす
  • 光線性花弁状色素班

 

まずは、あなたのシミがどんなシミなのか確認してみましょうね。

 

老人性色素班

 

いわゆる「シミ」で、紫外線を浴びることにより出現します。

私たちのお肌は紫外線を浴びると、メラノサイトを活性化させ、メラニンを生成します。

黒色のメラニンが角質層内の細胞に放出されることにより、シミとして目立つようになってしまうのです。

 

シミの輪郭はハッキリしていて、紫外線を浴びやすい頬の上や手の甲などにできやすい傾向があります。

 

脂漏性角化症

 

老人性色素班が濃くなったもので、老人性のイボとも呼ばれています。

ただのシミには凹凸がありませんが、脂漏性角化症は、シミの部分が盛り上がっています。

 

炎症性色素沈着

 

外部から強い刺激を受けることで皮膚が炎症を起こし、色素沈着を起こしてしまいます。

色素沈着を起こしているのはメラニンで、メラニンが生成される過程は紫外線を受けた時と同じです。

炎症の原因はたくさんありますが、虫刺されやニキビ、皮膚炎や軽い火傷、擦り傷など、身近なトラブルによって色素沈着を起こしてしまうことが多いです。

 

また、一時的な強い刺激ではなく、慢性的な刺激によって色素沈着が起こることもあります。

例えば、下着の大きさが合わず、毎日同じ場所が擦れていると、その部分が黒ずんできてしまいます。

太りすぎで二の腕が擦れ、脇の付近が黒ずんでしまうこともあります。

 

肝斑

 

30代ごろから閉経前の女性に多いしみで、両ほほあたりに出現するという特徴があります。

老人性色素班の様に輪郭がくっきりとしておらず、ぼんやりとしたシミです。

 

肝斑の原因はよくわかっていませんが、女性ホルモンの影響ではないかと言われています。

 

そばかす

 

鼻や両ほほを中心に、細かいシミが散らばったように分布します。

遺伝性が強く、3歳から5歳くらいの小さな子供にも出現します。

 

光線性花弁状色素班

 

強い紫外線を、短時間で一気に浴びた後にできる、まるで花弁が散らばったかのようなシミです。

肩から背中にかけてできる、細かい黒褐色のシミが特徴です。

海やプールなど、強烈な紫外線を浴びやすい場所は要注意ですね。

日焼をしたときに、黒くならず赤くなってしまう人の方ができやすい傾向があります。

 

シミ取りクリームが効くのはどのシミ?

シミ取りクリームの効果が期待できるのは次のシミです。

 

  • 老人性色素班
  • 炎症性色素沈着
  • 肝斑

 

脂漏性角化症は、シミ取りクリームでは消すことが出来ません。

レーザー治療など専門的な治療を受ける必要があります。

 

そばかすは遺伝性が強いため、シミ取りクリームだけではあまり効果がないといえます。

ただ、紫外線を浴びることで、そばかすが酷くなる可能性はあるので、これ以上紫外線の影響を受けないためにシミ取りクリームを使うことは有効です。

 

花弁状色素班は、基本的には老人性色素班と同じなのですが、ダメージが真皮にまで及んでいる可能性があるため、簡単には消えません。

シミ取りクリームは、基本的に表皮にのみ作用しますので、真皮に達している場合はケアが難しくなります。

 

美白成分には種類があります!

美白成分の中には、美白有効成分という、厚生労働省に認可された成分があります。

美白成分はそれぞれ違った働きをするため、美白化粧品を選ぶ際には、自分に合う美白成分を選ぶ必要があります。

 

主な美白成分をご紹介しますので、美白化粧品選びの参考にしてみてください。

 

メラニン生成を抑制する

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、メラノサイトへ「メラニン生成」の指令が出されます。

 

指令を受けたメラノサイトでは、チロシナーゼ酵素が活性化し、メラニンが生成されてしまいます。

 

その流れを断ち切ることで、メラニンの生成を抑えることが出来る成分です。

 

メラノサイトへの指令をブロックする成分

 

  • トラネキサム酸
  • カモミラET

 

チロシナーゼ酵素の活性化を抑える成分

  • ビタミンC誘導体
  • ルシノール
  • リノール酸S
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • プラセンタエキス
  • 4-MSK

 

出来てしまったメラニンを還元する

出来てしまった黒色メラニンにアプローチし、シミを薄くすることが出来る成分です。

 

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは、ビタミンC誘導体の100倍もの美白効果があるとされています。

しかし、厚生労働省で認可されていため、有効美白成分ではありません。

 

メラニンの排出を促す

出来てしまったシミをターンオーバーで排出しやすくする成分です。

 

  • プラセンタ
  • 4-MSK

 

シミ取りクリームランキング

 

それでは、人気のシミ取りクリームをランキング形式でご紹介します!

シミに悩む人は、一体どんなシミ取りクリームを使っているのでしょうか。

 

第5位 ケシミンクリーム(医薬部外品)

 

ケシミンクリーム

 

価格1800円(税込み1944円)

 

近所のドラッグストアで簡単に入る手軽さと、安価なことで大人気の美白クリームです。

 

ビタミンC誘導体有効美白成分「L-アスコルビン酸 2-グルコシド)配合で、シミの生成を抑え、今あるシミにもアプローチ。

 

 

注目ポイント!

 

  • ビタミンC誘導体が、黒色メラニンを淡色へと還元
  • 抗炎症作用のある有効成分配合で、メラニン生成を抑制
  • ビタミンEで血行促進し、シミ・そばかすのできにくい肌質に整える

 

お値段は安いですが、気になるシミ部分を集中ケアできる、コスパの良い商品です。

 

【こんな人にオススメ】

 

  • 初めて美白クリームを使う方
  • なるべく安価に美白ケアしたい方

 

ケシミンクリーム詳細こちら

 

 

第4位 アスタリフト ホワイトクリーム(医薬部外品)

アスタリフト

 

5000円(税別)

 

ランキングで上位にあがる、人気の美白クリームです。

 

富士フィルム独自のうるおい成分「ナノAMA」が、お肌の潤いを保つだけでなく、メラニンの分解を助けます。

 

メラニンの生成を抑える有効美白成分「アルブチン」配合で、シミのない透明感のあるお肌を目指せる美白クリームです。

 

 

注目ポイント!

 

  • 美白有効成分アルブチンが、チロシナーゼ酵素の働きを抑え、メラニンを作らせない
  • ナノANAが、メラノサイトを休眠化
  • ナノANAが、メラニンの「骨」を分解し、シミの排出や消失を助ける

 

シミに「骨」があることを発見した富士フィルムは、その骨を分解することに着目しました。

骨を分解することで、メラニンの分解を進めることが出来るのです!

 

独自成分であるナノAMAに加え、有効美白成分アルブチンのパワーで、効率的に美白ケアができますね。

 

【こんな人にオススメ】

 

  • シミが消えずらい方
  • シミの無い透明感のあるお肌を目指したい方

 

アスタリフトのホワイトクリームは、お得なトライアルセットに含まれています。

 

トライアルセットのお値段は、5日分で1000円(税別)でとってもお得!

【トライアルセット内容】

  • 先行美容液
  • 美白化粧水
  • 美白美容液
  • 美白クリーム
  • UV美容液

 

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット1,000円+税

 

 

第3位 アルバニア

アルバニア

 

3800円(税別)

 

口コミで大評判、専門クリニックで生まれた、超話題の美白クリーム。

 

満足度はなんと92%!

 

シミ消しの効果が高いとされる有効美白成分「トラネキサム酸」と優れた抗炎症効果のある「グリチルリチン酸ステアリル」で、シミをぐんぐん追い出します。

 

6つの潤い成分が配合されているから、ハリのある艶やかなお肌になれることも魅力的です。

 

 

注目ポイント!

 

  • 美白有効成分トラネキサム酸メラノサイトへ活性化に関わる「プラスミン」と「プロスタグランジ」という物質の働きを抑える
  • グリチルリチン酸ステアリルお肌の炎症を抑え、シミを排出しやすい環境に整える
  • 高濃度グリセリン配合で、美容成分をお肌の奥にまで浸透させることができ、ハリのある若々しいお肌を目指せる

 

口コミ良し、芸能人も多数愛用で、売り切れ続出の美白クリームです。

 

【こんな人にオススメ】

 

  • 短期間で集中的にシミケアしたい方
  • シミの予防に力を入れたい方

 

単品購入は、3800円(税抜)+送料

 

2本購入なら、7600円(税抜)+送料無料

 

3本購入なら、11400円(税抜)+送料無料

 

 

アルバニア(美肌クリーム)詳細こちら

 

 

第2位シズカニューヨーク シズカゲル

シズカゲル

 

4980円(税込)

 

楽天市場オールインワン部門で1位を獲得しており、海外でも大人気の美白クリームです。

 

シズカゲルの特徴は、シミ、乾燥、しわ、毛穴などのあらゆる肌トラブルに対応することで、真の美白を目指すことが出来ることです。

 

オールインワンゲルなので、これ一つでお手入れはおしまい!

 

その手軽さも人気の秘密です。

 

注目ポイント!

 

  • 有効美白成分アルブチンメラニン生成を抑制
  • ビタミンC誘導体配合で黒色メラニンを淡色化しシミを消す
  • しわや乾燥など、ありとあらゆる肌トラブルに対応で、シミができにくく目立たない肌質に整える

 

 

【こんな人にオススメ】

 

  • シミだけじゃなく、様々な肌トラブルを改善したい方
  • お手入れを簡単に済ませたい方

 

シズカゲルは、定価4980円(税込)ですが、購入方法によってかなりお得にゲットできます。

定期コース利用で毎回2980円(税込)+送料無料 

 

3個セットなら40%オフで、8880円+送料無料

 

6個セットなら45%オフで、16380円+送料無料

 

12個セットなら、50%オフで29880円+送料無料

 

美白をヨクバル!薬用美白オールインワン【シズカゲル】

 

 

第1位ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン

 

美白成分ハイドロキノンを、ビーグレン独自成分のQusomeカプセルに閉じ込めることで、美白成分をシミの元へ届け、長時間美白ケアできるシミ取りクリームです。

 

最大のポイントはできてしまったシミを薄くできるということ。

 

ビタミンCの100倍の漂白作用があると言われているハイドロキノンの作用は絶大で、リピート率98.5%という驚異の数字を誇っています。

 

注目ポイント!

 

  • 美白成分ハイドロキノン肌トラブルの元まで浸透し、その場に長時間留まることで効率的にシミケアができる
  • 新成分オリゴペプチド-34が、メラニン生成の指令をストップ
  • 新成分ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸メラニンの放出をブロックするから、万が一メラニンが生成されてもシミになりにくい

 

今まで何を使ってもシミが消えなかった方の、最後の砦の様なQusomeホワイトクリーム1.9。

 

シミを消すだけでなく、これ以上シミが出来ないように「メラニンの生成や放出」を抑制できるので、使い続けるたびに「シミの無いクリアなお肌」へ近づくことが出来ます。

 

口コミ評価も良い人気ナンバーワンの美白クリームです。

 

【こんな人にオススメ】

 

  • 出来てしまったシミを消したい方
  • 今までどんな美白ケアをしてもシミが消えない方

 

Qusomeホワイトクリーム1.9は、お得なトライアルセットにも含まれています。

 

大人気のホワイトケアプログラムが、7日分で1800円(税抜)で体験できます。

 

本商品に換算すると、6422円(税抜)分が1800円で(税抜)でお試しできますので、かなりお得です。

 

【トライアルセット内容】

 

  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeホワイトクリーム1.9
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム

 

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

 

 

今あるシミを消したいならビーグレンがおすすめ

 

シミがあると実年齢よりも老けて見られてしまうことがありますので、今現在シミに悩んでいる方は、まずはシミ消しをすることが先決です。

 

シミ消し成分として一番おすすめしたいのは、ハイドロキノンです。

 

ランキングでも1位を獲得しているビーグレンのQusomeホワイトクリーム1.9は、独自技術によりハイドロキノンがより浸透しやすくなっています。

 

ハイドロキノンは水溶性で、お肌のバリア機能によってはじかれ、成分が浸透しないというデメリットがあります。

 

また、一度塗ると持続効果は3時間程度と言われていて、何度も塗りなおさなくてはなりません。

 

そんなハイドロキノンのデメリットを解消したのがビーグレン。

 

Qusomeカプセルに包まれたハイドロキノンはお肌に浸透しやすく、しかもお肌の中に長時間留まるため、通常のハイドロキノンよりも長く美白効果を発揮します。

 

シミ消しだけではなく、シミ予防にも効果的なクリームですので、本気でシミ消ししたい人はおススメです。

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

 

 

シミ取りクリームでシミのない透明感のあるお肌を目指しましょう

シミトリクリームでシミのない透明感のあるお肌を目指しましょう

これからシミを予防したい人にも、今あるシミを消したい人にも効果的なシミ取りクリーム。

 

シミがあるうちは、シミを消す効果が高い美白クリームを使い、シミが消えた後は、シミ予防効果の高いクリームを使うなどすると、効率的に美白ケアが出来そうです。

 

シミがあるうちは何を使うの?シミが消える美白クリームあるの?シミが消えた後は?気になるシミ取りクリームについてまとめました。

【進化した】ハイドロキノンでシミ取り効果!?すごく嬉しい。使うたびにシミが薄く感じるシミ取りクリーム!

 

シミトラブルを解消して、透明感のある理想のお肌を手に入れましょう!

 

 

関連記事

  1. 花弁状色素班の治療
  2. 冒頭画像
  3. 冒頭画像
  4. 炎症性色素沈着レーザー

「スハダビ」編集者プロフィール


まい35歳

 

私、化粧品会社での勤務時代、エステやメイクアップといった美容サービスを通して、多くの方のお肌に触れてきました。

 

そこで感じたのは、10人いれば10通りのお肌があるということ。

 

そして、お肌が綺麗な方は、化粧品はもちろん、体の内側から綺麗になる術を実践しているということです。

 

それ以来、インナービューティーへの関心が高まり、今でも日々研究しています。

 

お肌を健康で若々しく保つためには、体の内側から体調を整え、スキンケアで美肌作りをサポートすることが大切です。

 

そんな私も「正しい知識と努力」をすることによって、現在では、お肌の悩みから解放されてストレスフリーな日々を送れています。

 

これも様々な方法を試したおかげです。

 

正しい知識と行動があればお肌の悩みは解消する。

 

このサイトを通じ、私が「お肌の悩みから解放された秘訣」と「一緒に運営する仲間の知識や経験」を発信して美肌作りのお手伝いをさせていただけたらと思っています。

 

本当に正しいエイジングケアを知っていますか?

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

「正しいエイジングケア」
の知識を伝えます!

 

あなたは1週間で肌状態が変わる!!メルマガ

 

 

私はコレでシミを消した!

 

 

誘導バナー06シミ取り治療を行う美容外科・美容皮膚科おすすめ・ランキング10選