[記事公開日]2016/02/29
[最終更新日]2017/05/13

乳液とクリームの違いってあるの?それぞれ大切な役割があるんだって!www

この記事は1分で読めます

油分の多い化粧品

 

毎日のスキンケアでお肌が上向きに!ステップ6.油分(乳液とクリーム)それぞれ違い

 

乳液とクリームはどちらも油分の多い化粧品です。

べたつくからと嫌われがちですが、それぞれ大切な役割があります。

 

 

乳液とクリームの役割

 

乳液やクリームは、どちらも油分の多いアイテムです。

見ての通り、乳液の方がクリームよりも水分量が多くなっています。

 


お肌の表面は、毛穴から分泌されて皮脂が膜を作って保護しています。

乳液やクリームで油分を与えてあげることで、保護機能を補う働きがあるのです。

 


昔は、乳液やクリームで水分を閉じ込めるというケアが一般的でした。

しかし最近では、水分を留める働きがあるのはセラミドなどの保湿成分であり、油分だけでは不十分であるとされています。

 


ですので、保湿成分の配合されていない乳液やクリームの保湿力はそれ程高くありません。

美容液で保湿出来れば乳液やクリームはいらない?

 

保湿に必要な成分を美容液で補えるならば、乳液やクリームは必要ないのでしょうか。

正直なところ、必ず必要であるとは言えません。

 

 

皮脂が多いお肌の場合、単に油分の多い乳液やクリームならば、つけない方が良いかもしれません。

しかし、乳液やクリームには、お肌をしっとりとさせ、肌の両面を保護するという働きがあります。

 

 

また、アイクリームなどのポイント用クリームには、美容効果の高い成分がたっぷりと配合されていることが多いです。

年齢肌の場合、ポイント使いのクリームを使うことは、かなり効果的です。

続きはこちら

 

 

関連記事

  1. UVケア紫外線対策
  2. 正しいスキンケア 保湿
  3. 肌トラブルの起きにくい丈夫なお肌
  4. 1週間で肌の状態が変わる!

「スハダビ」編集者プロフィール


まい35歳

 

私、化粧品会社での勤務時代、エステやメイクアップといった美容サービスを通して、多くの方のお肌に触れてきました。

 

そこで感じたのは、10人いれば10通りのお肌があるということ。

 

そして、お肌が綺麗な方は、化粧品はもちろん、体の内側から綺麗になる術を実践しているということです。

 

それ以来、インナービューティーへの関心が高まり、今でも日々研究しています。

 

お肌を健康で若々しく保つためには、体の内側から体調を整え、スキンケアで美肌作りをサポートすることが大切です。

 

そんな私も「正しい知識と努力」をすることによって、現在では、お肌の悩みから解放されてストレスフリーな日々を送れています。

 

これも様々な方法を試したおかげです。

 

正しい知識と行動があればお肌の悩みは解消する。

 

このサイトを通じ、私が「お肌の悩みから解放された秘訣」と「一緒に運営する仲間の知識や経験」を発信して美肌作りのお手伝いをさせていただけたらと思っています。

 

 

本当に効果があった!美肌作りに


 

誘導バナー01フラバンジェノール

 

誘導バナー02私はコレでシミを消した!(アンプルール)

 

誘導バナー03本気でシミ取り化粧品よりも医薬品(ロスミンローヤル)

 

誘導バナー04ハイドロキノン 4 パーセント

 

誘導バナー06シミ取りレーザー治療後に気をつけることは

 

誘導バナー06シミ取りレーザー治療後に気をつけることは

 

誘導バナー07セラミド化粧品をドラッグストアで選ぶポイントとは

 

誘導バナー08ニキビ跡にビタミンc誘導体おすすめ化粧水