[記事公開日]2018/11/16
[最終更新日]2018/11/17

ええっ、シミ取りレーザーしたのにかさぶたにならないよ?!

この記事は4分で読めます

ええっ、シミ取りレーザーしたのにかさぶたにならないよ?!

 

シミ取りレーザー治療する前に、ネットで情報をたくさん集めて、治療後の経過もよく読んで実際に経過通りになってくれたらいいのだけど、ならないこともありますよね。

 

私は経過通りにぴったり!で心配になったことなんてありませんと言いたいのですが、いつも途中で経過通りにならなくなって心配や不安に襲われます(笑)

 

シミ取りレーザー後の経過でかさぶたができてはがれおちるまでに大体7日から10日と言うことですが、一向にかさぶたにならない!

 

なんてことになったら、私はやっぱりパニックになってオロオロしちゃうのが目に浮かびます。

 

シミ取りレーザー後、かさぶたが経過通り、もしくは早めにとれたなら安心ですけどかさぶたにならいなんて話が違うじゃない!

 

心配ですよね、シミ取りレーザー経過後かさぶたがどれくらいでできるのか、紹介したいと思います。

 

 

シミ取りレーザー後の経過ってどんな感じで変化していくのでしょう?

 

シミ取りレーザー後の経過ってどんな感じで変化がみられるのでしょうか。

 

レーザーを照射後すぐは患部のシミ組織を破壊したことで白くなったり、赤くなっています。

 

その翌日あたりから2日くらいでかさぶたが生成されます。

 

意外と早いですよね、ちょっと驚いちゃいました。

 

経過として早くて3日目から遅くても14日目くらいにはかさぶたが剥がれて綺麗な肌が現れるというのが一般的な経過です。

 

シミ取りレーザー後のかさぶたは意外と早い段階でできるんですね、それにかさぶたというと、盛り上がってボコボコしたものができるイメージがありますけど、ぼこぼこのかさぶたが必ずできるわけではなく、薄い皮膚表面に張り付いたようなかさぶたになることもあるんです。

 

それを見て、ボコボコのかさぶたと違うからかさぶたにならないじゃん!って思う人も多いみたいです。

 

ええっ、シミ取りレーザーしたのにかさぶたにならないよ?!

表参道美容外科クリニックより引用

 

こんな感じだと『かさぶた』ができました!って思わないかも。

 

でもこれもりっぱなかさぶたなのですよ、ぱっと見かさぶたではないような感じですよね?

 

ついつい、転んだときにできるかさぶたを思い浮かべちゃうので焦りますけどきちんとかさぶたはできているので凸凹ができなくても安心してください、かさぶたになってます(⌒∇⌒)

 

 

シミ取りレーザー後かさぶたにならないこともあるけどその理由は?

 

なかには本当にシミ取りレーザーをしてもかさぶたができないこともあります。

 

できないほうが綺麗にしみがとれていいじゃん?って私は思っちゃいましたけど、かさぶたができない場合、照射の強さがシミに対してあっていないことが原因なんです。

 

あらっ、どういうことなの?

 

シミ取りレーザー治療って施術者の技量も求められる高度な治療方法なんですよね。

 

照射が弱い場合はメラニン色素が破壊しきれずに残ってしまいかさぶたが生成されないことがあります。

 

Qスイッチレーザーの場合で例を挙げてみると、シミ取りレーザー照射後の患部は白くなります。

 

それができないということはシミの組織が破壊されなかったということになるので、もう1度日を開けてからシミ取りレーザーをする必要があります。

 

逆に照射が強すぎてしまうと、かさぶたになるはずだった組織まで焼いてしまった可能性があります。

 

この場合もかさぶたはできないのですが、経過後の炎症色素沈着がはっきりと現れてしまう可能性が大です。

 

でも炎症後色素沈着はきちんとアフターケアすればシミが残ってしまうことはないので心配することはありません。


ええっ、シミ取りレーザーしたのにかさぶたにならないよ?!

 

 

やっぱりおかしい!シミ取りレーザーでかさぶたにならないと思ったら

 

シミ取りレーザーをした後かさぶたにならなくてやっぱり変だな?

 

毎日かさぶたができるの楽しみにしてるのに、経過が何も変わらないやっぱりおかしいな?

 

と思ったらまず1番に施術してもらった医師に相談することです。

 

でも、シミ取りレーザーする時にわからないことや不安に思っていること、疑問に思っていることは治療前に医師にしっかり聞いておいたほうがいいです。

 

それでも聞いたことと経過が違う、言われた日数でかさぶたにならないって思ったらもう一度相談するほうが医師も状況を把握しやすいですね。

 

あとなかなかかさぶたにならないし、他の病院で診てもらったほうがいいかなと途中で変えてしまっても、新しく訪れた病院では状態が分からないのでまずは施術してもらった病院へいきましょう。

 

病院で相談しても、すぐに日を開けずにレーザー当てましょうとか、曖昧な返事をするようだったら、他の病院へ転院したほうがいいですね。


ええっ、シミ取りレーザーしたのにかさぶたにならないよ?!

 

いかがでしたか?

 

シミ取りレーザー経過後、かさぶたにならないのはなぜなのか、大丈夫なのかについて紹介してました。

 

かさぶたになるのかはその人の体質もあったり、治療内容で変わってきます。

 

かさぶたにならない、と思っていてもぼこぼこの転んだ後にできるかさぶたと違って表面がなめらかなかさぶたができることがあります。

 

なのでシミ取りレーザ―後経過でかさぶたが早くて翌日、遅くて14日目でやっとなんてこともあるので少し様子を見たほうがいいですね。

 

それでもやっぱり私にはかさぶたらしきものができなかった!かさぶたにならない!と思ったら施術した病院に行って医師に相談しましょう。

 

施術前にわからないこと、心配なことなどは必ず聞くこともシミ取りレーザー経過後にかさぶたにならない不安に陥ることも多少なくなると思います。

 

私も施術してもらうならガンガン先生に質問しちゃおうっと(o^―^o)

 

でも、話しやす先生や雰囲気のいい病院ってどうやって 探したらいいのかな?

 

シミ取り関連サイトではシミ取りレーザーを高い技術で施術してくれる美容クリニックの紹介をしています。

 

アフターフォローも万全だし、無料メール相談、電話相談をしてくれるクリニックもあります。

 

先生たちの顔も出ているし、雰囲気が伝わりますよ。

 

是非シミ取りレーザーする前に活用したいですね(⌒∇⌒)

 

ぽちっとのぞいてみてください!

シミ取り治療を行う美容外科・美容皮膚科おすすめ・ランキング10選

 

 

関連記事

  1. 目を閉じながら化粧水をつける日本人女性
  2. ルビーレーザー、低周波、液体窒素でシミ取りの経過と注意点は?
  3. 80%ステマ!?シミ取り化粧品の口コミを信じないシミ消えないの?
  4. シミ取りためしてガッテン、シミ取りは女性の永遠のテーマです
成長因子で発毛促進