[記事公開日]2018/11/04
[最終更新日]2018/10/27

シミ取りためしてガッテン、シミ取りは女性の永遠のテーマです

この記事は3分で読めます

シミ取りためしてガッテン、シミ取りは女性の永遠のテーマです

 

シミ取をりたい、シミなんてすぐに消えてしまえばいい、いつの時代も女性たちの永遠のテーマと言うか課題と言うか、お肌に気を使わなくなったらおしまいだなと思います。

 

去年NHKのためしてガッテンで『戻れ!シミの消えた肌 冬こそ徹底対策!』というシミ取りについての放送をしたようです。

 

シミ取りたい、シミを消したい、シミを消えるのかの特集だったようです。

 

何か得策が紹介されたのかな?すぐにためしてみることができることは紹介されたのかな?

 

またまた興味津々お調べ隊の私が調べてみました(o^―^o)

 

まさか普段の生活習慣がシミを作っていたなんて( ゚Д゚) 驚愕です

 

シミ取りたい!消し消したいって願っているけれど、シミって一体どんなきっかけでできると思いますか?

 

加齢だから仕方ないんじゃないの?って思ってると思いますけど、実は普段の生活習慣や癖がシミを作る 原因だったんですって!

 

シミ取りためしてガッテンに出演していた東京高輪病院整形外科の久野慎一郎先生が詳しく解説してくれていました。

 

何げなく普段している癖や生活習慣って?

 

それに気がついたらすぐにやめて、できるだけシミを作らない生活習慣に替えてシミを薄くしたり、シミを消すという方向に持っていけるんですって!

 

まずは毎日の洗顔について

 

洗顔するとつい顔をごしごししていません?

 

私もつい汚れを落とすつもりで手のひらで顔をごしごしこすってしまうんですけど、これがよくないなんて~

 

洗顔時、顔をこすると摩擦でお肌の内側に赤く炎症が起きてそれがメラニンの蓄積となってシミになって浮き出てくるんです。

 

ええ、洗顔ってお肌をきれいに保つのに重要ですよね、じゃあどうやって顔を洗うんだろう?

 

シミ消したいのなら、洗顔するときに直接手でごしごしするのではなく、洗顔料の泡で洗うようにすると、お肌の炎症も収まって早くシミが消える近道のようです。

 

私は泡ネットを使って洗顔していますけれど、洗顔用泡だて器を使うとさらに密度の高い泡ができて良さそうですよ。

 

更には冷たい水で洗うより、ぬるま湯36℃前後で洗うと皮脂が落ちすぎずさっつパリするのも肌への刺激が少なくなっていいみたいです。

 

ファンデーションの重ね付け

 

ついついシミを隠してしまう化粧をしがちだと思うんですけど、シミの部分にファンデーションの重ね付けや強い摩擦でトントン叩いていたりしちゃいますよね。

 

それもお肌に摩擦を与えている行為ですよね、こんな毎日の習慣でシミ製造をしていたなんて(;’∀’)

 

お肌を触るときには極力こする行為をしないことですかね、シミを消したいなら今からでも遅くないですね。

 

お金もかからず習慣を変えるだけ!これならずぼらな私もできるぞー!即実行だー(・∀・)イイネ!!

 

シミ取りためしてガッテン紹介方法でシミは消えるの?シミ消したい!

 

シミ取りためしてガッテンでこれだけ放映されると、早い人はその晩から実行した人も多いのではないでしょうか。

 

私も散々たってからシミ取りためしてガッテンのシミ消す方法を見てなるほどね~ってただいま実行中なんですよ(o^―^o)

 

だって、簡単洗顔やお化粧する際力を入れない、摩擦を加えないだけなら気を付けていればできますよね。

 

シミを消す!シミを消したいと思っているから気合が入ります(笑)

 

泡洗顔も泡だて器がドラッグストアで気軽に手に入りそうです。

 

手に入らなかったとしても洗顔泡ネットでもこもこの泡を作って洗うのは簡単ですよね。

 

泡に顔をうずめるとなんか幸せ気分になれるし。

 

ネットでもシミ取りためしてガッテンの放送を見て実際にやってみた方の感想が書かれていました。

 

3か月が経ったころから肌のあかみも消えてシミが消えた!というか薄くなったようです。

 

そして顔を極力触らないようにしたようです。

 

摩擦ってシミを作る原因って本当なんだって実感しました。


シミ取りためしてガッテン、シミ取りは女性の永遠のテーマです

 

 

シミ取りためしてガッテンで言っていた赤いシミってなんのこと?

 

普通シミと言えば茶色ですよね、シミ取りためしてガッテンでは赤いシミと言うワードが何回か出てきます。

 

シミを消したいなら知っておく必要がありそうですね。

 

赤いシミと言うのは日焼けによる日光角化症のことで皮膚がんになる可能性を含んでいることがあるようです。

 

ええ、怖いですね、赤いシミは老人性血管腫といい血管の周囲の皮膚が薄くなって膨らむものと赤味がかってかさぶたのように見えるものがあるんだそうです。

 

前者は問題ないようですけど、後者はがんになる可能性があるので注意が必要です。

 

いずれにしても紫外線に長く当たっていることや摩擦を肌に与えることが赤いシミ、茶色いシミを作る原因ではないのかな?

 

シミ取りする以前にシミ予防でUVクリームを普段からかかさないのも紫外線対策ができてシミができにくくなりそうですね。


シミ取りためしてガッテン、シミ取りは女性の永遠のテーマです

いかがでしたか?

 

シミ取りためしてガッテンのシミを消したいで放送されていたことをまとめてみました。

 

シミをなるべく作らないためにも、普段の生活習慣を少し見直すだけでシミは消えるのかなんとなく疑問に思いましたけど、毎日している洗顔やファンデーションを塗るときに強い摩擦をしないだけでシミを消すって可能なんですね。

 

泡で優しく包み込むように洗うだけ、ファンデーションも重ね塗りなども今からでもやめてみようって思いました。

 

そして普段から紫外線対策を毎日しっかり行うことでシミって消えるんだなって。

 

日々のちょっとしたことでシミは消えると思うと毎日使う化粧品もシミ消すのに特化したものに替えてみようかなって思いました。

 

ハイドロキノンを使った化粧品と泡洗顔、紫外線対策で今からシミのないきれいな肌手に入れてみようかなって思います。

 

シミ取り関連ページでトライアルセットが申し込めるみたいなので、あなたもトライしてみませんか?

 

私とどちらが先にシミ消しできるか競争しましょ(⌒∇⌒)

【進化した】ハイドロキノンでシミ取り効果!?すごく嬉しい。使うたびにシミが薄く感じるシミ取りクリーム!

 

 

関連記事

  1. サクッと韓国シミ取りツアーでおすすめ病院3選紹介しちゃいます
  2. ルビーレーザー、低周波、液体窒素でシミ取りの経過と注意点は?
  3. 台湾シミ取りクリームミロルは台湾マダムも教えたくない秘密アイテム
  4. レーザーシミ取りをするのに夏はだめ? いい時期っていつだろう
成長因子で発毛促進