ステップ5.美容液 重要な基礎化粧品の1つ

[記事公開日]2015/03/21
[最終更新日]2017/03/30

 

美容液は、エイジングケアにおいて重要な基礎化粧品の1つです。自分のお肌に合った美容液で、お肌の老化を食い止めましょう。

 

 

 

美容液とはどんなもの?

 

美容液には、化粧水よりも高濃度で美容成分が配合されています。そのため、一般的には値段が高く、化粧水よりもトロっとしたものが多いです。

 

 

ただ、美容成分の種類は様々。水溶性の美容成分が多ければ、かなりサラっとしたテクスチャですし、油性の美容成分多ければ、固めのテクスチャとなります。

 

 

 

美容液の選び方

 

シミが気になる、たるみを解消したい・・・。お悩みによって選ぶ美容液は変わってくると思いますが、まず力を入れていただきたいのが「保湿」です。

 

 

そのためには、セラミド配合の美容液がおすすめです。セラミドの量は美容液の値段に比例します。

 

 

あまりにも安い美容液にはほとんどセラミドが配合されていないことが多いので、せめて3、4千円くらいの美容液を選びましょう。

 

 

セラミド配合の美容液は、どちらかというとドロっとしています。サッパリめのセラミド美容液もありますが、本来セラミドと水の相性はよくありません。

 

 

なじませるために界面活性剤を多用している場合がありますので、注意が必要です。また、ビタミンC配合の美容液もアンチエイジングには最適です。

 

 

ビタミンCには、コラーゲンの生成を助ける働きの他、美白効果などもあるため、多くの美容液に配合されています。

 

 

 

最新美容液で老化をストップ!

 

どの企業も美容液開発には力を入れており、最新の技術が反映されやすいのが特徴です。

 

 

美容液といえど、通常は角質層止まり。保湿対策はできたとしても、直接真皮に働きかけることは難しいとされてきました。

 

 

しかし最近では、美容成分が真皮にまで浸透する技術を搭載した美容液が販売されるようになってきました。中でも注目したいのが、繊維芽細胞に着目した美容液です。

 

 

肌体力でもお話ししましたが、繊維芽細胞はコラーゲンやエラスチンといったハリ成分を生み出す親です。

 

 

その繊維芽細胞を活性化させることで、ハリ成分の生成を促し、老化を根本から食い止めようという仕組みです。また、最新の実験で肌細胞の若返りに成功した企業も現れましたね。

 

 

少し前に有名になったIPS細胞を使用した実験ですが、化粧品に応用できれば大幅な若返りも夢ではないと言われています。

 

 

次に、ステップ6.油分(乳液とクリーム)それぞれ違い を見ていきましょう。

 

 

 

↓の記事をみると本当に必要なケアが、わかってきます

ベースメンテナンス Part3

1.毎日のスキンケア7つのステップで、お肌が上向きに
2.ステップ1.クレンジングの使い分け
3.ステップ2.メイク専用のリムーバーの活用
4.ステップ3.洗顔 しっかり泡立て洗顔がおすすめ
5.ステップ4.化粧水 保湿効果は高くない役割がある
6.ステップ5.美容液 重要な基礎化粧品の1つ(現在のページ)
7.ステップ6.油分(乳液とクリーム)それぞれ違い
8.ステップ7.UVケア 顔にいかに紫外線対策が出来るか
9.化粧品に関するQ&A

 

若々しいお肌を保つための術

目次へ戻る

エイジングケアなら

口コミ大評判フラバンジェノール

フラバンジェノール

シワ、ハリ、シミ、乾燥改善に

あり得ない豪華でお得なお試しセット

今だけ、100セット限定です!今すぐチェック!