ステップ1.クレンジングの使い分け

[記事公開日]2015/03/21
[最終更新日]2017/06/25

クレンジング 必要性


日々のメイクを落とし、お肌を健やかに保つためには、クレンジングは必要不可欠です。

 

 

しかし、クレンジング剤に含まれる界面活性剤は、お肌の潤いまで一緒に洗い流してしまうため、お肌を乾燥させる1番の原因であることも事実です。

 

 

クレンジングによる乾燥を最小限にするためには、どうしたらよいのでしょうか。

 

 

 

どうしてクレンジングが必要なの?

 

クレンジングには、水では落とせない油性の汚れを落とす働きがあります。

 

 

メイクをしているのにクレンジングをしないと、油性の汚れはお肌に残り、毛穴のつまりの原因となったり、かぶれなどの肌荒れを起こすことがあります。

 

 

また、メイクアップ料が残ったままでは、洗顔後につけた化粧品が十分に浸透せず、効果が十分に発揮されません。

 

 

 

クレンジングで乾燥させないコツは「使い分け」

 

クレンジングは大きく分けると、オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、乳液タイプの4つに分かれ、この順番で洗浄力が高いです。

 

 

お肌に優しいのはミルククレンジングですが、こってりとしたリキッドファンデーションなどは落ち切らず、お肌に残ってしまうことがあります。

 

 

こってりメイクを落とすにはオイルクレンジングが最適ですが、乾燥しやすい目元などにオイルクレンジングを使うと、シワの原因となってしまうことがあります。

 

 

このように、クレンジング剤は一長一短。だからこそ使い分けることが大切なのです。

 

 

こってりとしたメイクの日は強めのクレンジング剤で、そうでない日はクリームやミルクを使うといった方法があります。

または、頬やフェイスラインなど比較的強い部位はオイルで、年齢の出やすい目の下などは、ミルクやクリームでゆっくり優しくクレンジングするといった方法があります。

 

 

 

クリームとミルクの落とし穴!

 

クリームクレンジングとミルククレンジングは、比較的お肌に優しいクレンジング剤です。

だからこそ、やってしまいがちな間違いスキンケアがあります。

それは、「時間をかけすぎ」「擦りすぎ」です。

 

 

オイルやジェルに比べて、クリームタイプやミルクタイプは馴染みにくいといった特徴があります。

 

 

特にクリームは、固い状態から柔らかく馴染むまで、かなりの時間を要します。

中々メイクが落ちないな・・・

と長時間ゴシゴシと擦っている間に、角質層が傷つけられる可能性があります。

 

 

クレンジング時は絶対に力強く擦ってはいけません。

少しでも馴染みやすいように、クレンジング剤を温めてから使うなど、ちょっとした工夫を取り入れましょう。

 

 

あまりにも長い時間こすらなければ落ちないようなメイクだったら、馴染みやすいオイルクレンジングでサッと洗い流した方が、お肌への負担が少なくて済む場合もあります。

 

 

また、クレンジングには、目元や口元などのメイク専用のリムーバーがあります。

続けて、ステップ2.メイク専用のリムーバーの活用 を見ていきましょう。

 

 

 

本気のシミ消し!自宅でできる3つの美白対策!

 

私はコレでシミを消した!

このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

フラーレンミスト体験レビュー 紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー