くすみ 化粧のりが悪く、顔色が悪い

[記事公開日]2015/03/28
[最終更新日]2017/04/30

いつもと比べて表情が冴えない、お化粧がのらない。

こんな時は、お肌がくすんでる証拠です。

 

 

くすみを放置すると、実年齢よりも老けて見られたり、不健康な印象を与えてしまいます。

 

 

 

くすみの原因は一つじゃない

 

くすみにはいくつか種類があり、原因によって対処法が変わってきます。

一つ言えることは、年齢が進むにつれて、全てのくすみが起きやすくなるということです。

 

 

そのため、くすみの改善には積極的なお手入れが必要になってきます。

まずは、自分のくすみがどんなタイプなのか確認してみましょう。

 

 

 

古い角質が原因のくすみ

 

角質肥厚とも言いますが、古い角質が剥がれずに残っていることで、顔色が悪く見えます。

 

お肌を触るとゴワゴワします。

 

 くすみ 化粧1

 

 

乾燥によるくすみ

 

乾燥し、角質層にみずみずしさがなくなることで、くすんでしまします。

 

 

 くすみ 化粧2

 

 

普段からカサついていたり、粉が吹いたような状態なら、乾燥くすみの可能性大です。

 

 

血行不良によるくすみ

 

くすみ 化粧3

 

お顔の血行が悪くなると、全体的に青黒く見えてしまいます。

冷え性の人や運動不足の人に良く見られます。

 

 

喫煙によって血管が収縮することでも起こりやすいです。

 

 

メラニンくすみ

 

紫外線や乾燥が原因でメラニンが放出されると、お肌が褐色にくすんで見えるようになります。

 

 くすみ 化粧4

 

メラニンが放出されるということは、シミができてしまうということ。

シミが多くなればなるほど、お肌がくすんで見えます。

 

 

 

実年齢よりも老けて見られたり、不健康な印象 くすみ対策

くすみ対策テクニック5つ

1.くすみ対策テクニック① ピーリング
2.くすみ対策テクニック② 乾燥
3.くすみ対策テクニック③ マッサージ
4.くすみ対策テクニック④ 美白
5.くすみ対策テクニック⑤ 食事

 

 

お肌の個別トラブルの解決策 ピンポイントメンテナンス Part1

続いては、肌タイプ見分け方を再確認しましょう!どんなケアが必要? をみてみましょう♪

 

 

エイジングケアなら

口コミ大評判フラバンジェノール

フラバンジェノール

シワ、ハリ、シミ、乾燥改善に

あり得ない豪華でお得なお試しセット

今だけ、100セット限定です!今すぐチェック!