顔の輪郭が歪んできた たるみ

[記事公開日]2015/03/28
[最終更新日]2017/07/03

たるみは、シワと同様年齢と共に目立ってくる老化現象の1つです。

 

 

若いころの写真を見ると、目じりが上がり、フェイスラインもシャープだったことに気が付きます。

最近優しい顔になってきたなと感じたら、すでにたるみが進行しているはずです。

 

 

 

たるみの主な原因

コラーゲンの減少

 

真皮にあるコラーゲンは、お肌を支える土台の様な役割をしています。

コラーゲンが十分にある時は、ハリのあるゴムまりの様な肌です。

 

 

しかし、年齢と共にコラーゲンはどんどん失われていきます。

コラーゲンが失われる大きな原因は、紫外線や食生活によるタンパク質の糖化です。

 

 

紫外線を浴びることで真皮成分が破壊され、お肌の土台はどんどん少なくなってしまいます。

また、糖化によってコラーゲンが変質し、土台としての役割を果たさなくなってしまうのです。

 

 

支えを失ったお肌は、徐々にたるんでしまいます。

一度破壊され変質したコラーゲンを、元の状態に再生するのはかなり難しいと言われています。

 

 

たるみは予防することが大切なのです。

 

 

 

筋肉老化

 

筋肉量は年齢と共に減り続け、徐々にハリが無くなっていきます。

また、若いころと違って、新しい筋肉が作られにくくなります。

 

 

顔の筋肉に関しても同じです。

積極的に顔の筋肉を使い、引き締める必要があります。

 

 

 

たるみの出方は人それぞれ

 

重力のせいで、基本的に上から下へとたるみが起こります。

しかし、顔の造りによって、たるみやすい部分や、目立ち方が変わってきます。

 

 

目が大きい

目が大きい方は、目の周辺の脂肪が多いと言われています。

このような方は、目の下のたるみが目立ち、黒クマが出来やすい傾向にあります。

 

 

面長な人

ほうれい線が出やすい傾向にあります。

頬の筋肉がたるまないように気を付ける必要がありますね。

 

 

 

たるみは、目立ってくる老化現象の1つ たるみ対策

たるみ対策テクニック3つ

1.たるみ対策テクニック① たるみ予防はシワ予防と同じ
2.たるみ対策テクニック② たるみ予防には表情筋トレーニング
3.たるみ対策テクニック③ 食事

 

 

試せばわかる!ルアンルアン生せっけん肌の悩み洗顔で解決できます!
ルアンルアン生せっけんハーバルフレッシュソープジャンボスティック口コミ体験レビュー

 

 

 
このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

フラーレンミスト体験レビュー 紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー