クマ いつの間にか目立つようになってきた

[記事公開日]2015/03/27
[最終更新日]2016/02/15

特に寝不足なわけでもないのに、

目の下のクマが消えない・・・。

 

 

 

そんなお悩みをお持ちの方はいませんか?

 

 

 

クマには大きく分けて3つの種類があります。

 

 

 

クマがあると、

疲れ顔や老け顔に見えてしまうので、

原因を知って何とか対策したいですね。

 

 

 

 

 

クマが目立つ原因は、目の周りの構造が原因

 

クマ 目立つ1

 

目の周は、とても複雑な構造をしています。

 

 

 

眼球に栄養や酸素を届けるため、眼球の周りには、

たくさんの毛細血管が張り巡らされています。

 

 

 

また、眼球は、眼窩脂肪(がんかしぼう)という、

眼球を守るクッションのような組織で覆われていて、

その眼窩脂肪をまぶたが支えています。

 

 

 

まぶたの皮膚は非常に薄く、

擦るとシワになったり、色素沈着しやすい部位です。

 

 

 

皮脂腺も少ないため、皮脂膜が作られにくく、

とても乾燥しやすい部分でもあります。

 

 

 

 

 

あなたのクマはどのタイプ?

 

クマ 目立つ2

 

クマを改善するためには、

自分のクマがどんな種類のクマなのかを知る必要があります。

 

 

 

チェック方法は簡単。

 

 

 

鏡の前で、目じりを軽く引っ張ってみて下さい。

 

 

 

その時のクマの様子で、

あなたのクマが何なのか見分けることができます。

 

 

 

茶グマ

 

茶グマの原因は色素沈着です。

 

目じりを引っ張ると、クマの部分が一緒に移動します。

 

 

 

青グマ

 

血行不良が原因のクマです。

 

引っ張ってもクマの様子が変わりません。

 

 

 

黒グマ

 

たるみなどが原因で、

目の下に影ができることによっておこるクマです。

 

目じりを引っ張ると、クマが薄くなります。

このように、クマにもいろいろと種類があるのです。

 

クマの種類を見極めずにお手入れをしても、

悪化させてしまうかもしれません。

 

まずは鏡の前でチェックしてみましょう。

 

 

 

↓の記事をみると本当に必要なケアが、わかってきます

ピンポイントメンテナンス Part1

1.肌のトラブル 乾燥
2.顔の毛穴 ブツブツを何とかしたい!
3.ニキビ 大人ニキビ一度出来ると中々治らない
4.シミ 突然現れる!シミは大きく分けて6種類ある
5.クマ いつの間にか目立つようになってきた(現在のページ)
6.しわ 年々気になる
7.顔の輪郭が歪んできた たるみ
8.くすみ 化粧のりが悪く、顔色が悪い
9.肌タイプ見分け方を再確認しましょう!どんなケアが必要?
10.肌質は日々変化しているお肌の変化を感じたらすぐに応急処置を
11.美容医療情報

 

若々しいお肌を保つための術

目次へ戻る

エイジングケアなら

口コミ大評判フラバンジェノール

フラバンジェノール

シワ、ハリ、シミ、乾燥改善に

あり得ない豪華でお得なお試しセット

今だけ、100セット限定です!今すぐチェック!