汚い肌に悩むあなたに必見!!○○を止めて悩みゼロの美肌へ

[記事公開日]2017/08/07

20代後半ごろから増え始める肌の悩み。

シミやシワ、色ムラに毛穴、想像していた以上のたるみにも直面し、もはやどんな化粧品も太刀打ちできないほど汚い肌に・・・。

 

同世代と比べても、明らかに自分の肌は汚くて、治し方を検索しても出てくるスキンケアは「保湿してください」。

すでにこれ以上ないくらい保湿しているのに、化粧水しか使っていないママ友より肌が汚いのはどうして?!

保湿したってシミが消えるわけないじゃない!

 

 

・・・そう、実はその通りなんです。

保湿したってシミは消えません。

 

 

肌のきれいなママ友とあなたの違いは、たったひとつのダメージに対処できているかいないか、それだけなんです。

そのダメージとは、肌の酸化。

酸化を食い止めなければ、肌はどれだけ保湿しても、加速的に老化していきます。

 

 

超強力に酸化を食い止めてくれる成分、フラバンジェノールが配合されたフラバンジェノールオールインワンジェルで、汚い肌を一気に上向きにしませんか?

 

 

シミ・シワ・たるみに毛穴や乾燥・・・美白や保湿の化粧品ではもはやびくともしない肌、このままにしておくと・・・

 

 

20代の頃は、ちょっと色素沈着ができても、ニキビを繰り返したって、よっぽど大きな傷にならなければすぐにさっぱり消えて、後に残ることはなかったと思います。

ところが、その調子で油断していると、気付いたときにはボロボロで取り返しがつかないほどの肌に。

 

 

いつか消えると思っていたシミは、更に大きく濃くなって、チリメンジワだったものはくっきりと顔に凹凸を形作ることに。

おばあちゃんの顔にあるイメージだった目の下や口角のたるみ、挙句の果てには開いた毛穴がつながって、大きな深いシワになり・・・。

 

 

保湿していればいつか何とかなると思っていた症状は、軽くなったり減ったりするどころかますます増えていませんか?

それもそのはず、あなたがしていることは、まさに焼け石に水なんです。

あることに対するケアを放置している肌は、まさに焼け石。

 

 

どれほど保湿してもすぐに蒸発してしまっては元も子もありません。

どうしてそうなっているのかと言えば、焼け石を焼いている火元があるはずですよね。

その火元を何とかすれば、一生懸命水をかけなくても、焼け石だった肌はきれいになるはずなんです。

 

 

保湿も意味がない!焼け石のような汚い肌の症状を引き起こしている火元とは?

 

 

唯一絶対の対処法だと思っていた保湿が焼け石に水なら、火元とは一体どんなものなのでしょうか。

 

 

実は、この汚い肌を生み出し続けている火元は、酸化という現象なんです。

鉄をずっと酸素に触れる状態にしておくと、いずれ茶色くぼこぼこになって、本来の輝きや滑らかさが失われてしまうのはご存知だと思います。

 

 

これは、鉄が酸素と結合して別の物質、サビに変わってしまったために起こる外見上の変化なんです。

酸化した鉄は見た目だけではなく、物質としてももろく傷付きやすくなってしまいます。

まるで焼け石になってしまった汚いのようですが、まさにその通り。

 

 

酸化は肌にも起こる現象で、酸化した肌は、鉄サビと同じように、外見的にも美しさを失い、弱くしなやかさのないものとなります。

同年代の女性の中に、本当に何もしていないのにずっと肌がきれいな人と、焼け石のような肌の人がいるのは、

酸化の度合いが大きく違うからです。

 

 

 

酸化は紫外線刺激や日々のストレスなどによって起こります。

酸化を引き起こす活性酸素は、体がダメージと戦う時に生み出されるものです。

 

 

身体のダメージは、日々ちょっとしたことで起こります。

刺激物を食べたとき、タバコを吸った時、睡眠不足に上司や夫にイヤミを言われたとき・・・。

 

 

そうして蓄積された活性酸素が細胞と結合して、体はだんだんと酸化していきます。

紫外線は活性酸素を生み出す最たる原因なので、日に当たる部分は酸化を止めなければどんどん老化していきます。

 

 

焼け石肌の火元である酸化を食い止める、最強成分フラバンジェノールとは

海岸松の樹皮ポリフェノール

 

 

では、酸化の度合いが人によって違うのはなぜかというと、それは抗酸化物質がカギを握っています。

ワインを飲む人は若々しいと言いますが、これはワインに含まれるポリフェノールという成分に、酸化を食い止める能力があるからです。

 

 

このように、酸化に抗うことのできる成分を、抗酸化物質と言います。

この抗酸化物質の中でも、非常に高い抗酸化能力を持つ成分が、フラバンジェノールです。

 

 

フラバンジェノールは、フランスの海岸沿いに生える松の木の樹皮から取れるエキスで、紫外線や海風などの過酷な環境から自らの身を守るために高い抗酸化能力を身に着けたのだと考えられています。

 

 

肌がきれいな同年代女性は、元々ストレスを受け流すのが得意な人だったり、タバコを吸わない、ジャンクフードに縁がないなど、酸化自体、人よりしにくい生活を送っている可能性もありますが、ほとんどは無意識に行っている抗酸化の恩恵ではないでしょうか。

 

 

つまり、フラバンジェノールのような抗酸化能力を持つ成分を無意識に多く食べていたり、「それしかしていない」と言っている化粧水に抗酸化物質が含まれていたり。

 

 

そう考えると、まずは保湿で肌バリアを強くしてから美白コスメでシミを消し、アンチエイジング化粧品でたるみケアをして・・・という壮大な計画は必要ないということなんです。

 

 

火元である酸化を止めるだけ。

それには抗酸化が必要、それだけの単純なケアで、肌に起こっている様々な問題が解決し始めるんです。

 

 

フラバンジェノール配合化粧品で効率的に美肌を叶えるなら

 

 

現時点で、何から手を付けて良いかわからないくらい汚い肌になっている人は、一刻も早く人並み肌に追いつきたいはずです。

ただでさえ通常の抗酸化成分よりも高い能力を持っているフラバンジェノールですが、実は、単にフラバンジェノールだけ配合された化粧品を使うのではもったいないんです。

 

 

それというのも、フラバンジェノールには、一緒に配合された様々な成分の効果を伸ばすという特技があるからです。

フラバンジェノールが得意としているのは

・ビタミンC

・ヒアルロン酸

・脂肪燃焼成分CPT-Ⅰ

などの効果を促進させること。

 

 

脂肪燃焼成分CPT-Ⅰはフラバンジェノールをサプリメントお茶で飲用したときに効果が倍増する成分なので、化粧品には関係ありませんが、美容定番成分ビタミンCとヒアルロン酸は、1秒でも早く美肌になるために重要な成分ですよね。

 

 

ビタミンCは飲んで良し、塗って良しと言われる説明不要の美容成分ですが、安定性に欠ける成分のため、実際に持っている能力よりも低い効果しか得られません。

 

 

それが、フラバンジェノールと一緒に配合することで安定性を得ることができるんです。

また、ヒアルロン酸に至っては、フラバンジェノールとの配合によって、コラーゲンの約5倍、セラミドの約15もの保湿力を持つようになります。

 

 

一般的に、美肌には保湿が大事と言われるのは、外からのダメージから水分のクッションによって肌を守り、活性酸素を生み出しにくくするためです。

 

 

活性酸素自体を生み出しにくくしながら、生まれてしまった活性酸素には抗酸化作用で対抗する、そんな化粧品が酸化して焼け石のようになってしまった汚い肌には今すぐ必要なんです!

 

 

フラバンジェノール+ビタミンC+ヒアルロン酸を兼ね備える保湿化粧品は?

 

 

もちろん、そんな化粧品がたくさんあるわけではありません。

その中でも評判が良く、続けられる価格のものとなると、ひとつしか残りません。

 

 

それがフラバンジェノールオールインワンジェルです。

オールインワンジェルなので、これまで使用していた美容液1本と同じくらいの値段でスキンケアが完了するというのもうれしいですよね。

 

 

フラバンジェノールはもちろん、ビタミンC、ヒアルロン酸、コラーゲンに各種ビタミンと、まさに全部入りの贅沢な配合です。

現在、初回半額キャンペーン中なので、酸化した汚い肌の加速に、お得にストップをかけることができますよ!

 

 

【WEB限定】今、お得な高濃度フラバンジェノール

オールインワンジェル で段違いの保湿力!

 

 

オールインワンジェル

 

 

本気のシミ消し!自宅でできる3つの美白対策!

 

私はコレでシミを消した!

このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

フラーレンミスト体験レビュー 紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー