乾燥対策テクニック② 日中美容液

[記事公開日]2015/03/22
[最終更新日]2017/10/27

日中も潤いをキープすることで、乾燥知らずのお肌に

 

乾燥の厳しい季節、外の空気はカラカラです。

また、エアコンの効いた室内は、思った以上に乾燥しており、お肌の水分を奪っているのです。

 

 

乾燥対策 美容液

 

 

常に潤いのある状態をキープするためには、日中も美容液を使うことが有効です。

 

 

 

メイク前にも美容液は必須

 

美容液は高価なため、夜のお手入れだけに使っている・・・。

それでは、せっかくの美容液の効果が半減しているかもしれません。

 

 

乾燥の激しい日中だからこそ、美容液が必要です。

メイクしたての時は、つるっとしたキレイな状態だったのに、夕方になると目元に大量の小じわを発見!

 

 

なんてことはありませんか?

 

 

乾いた空気の中で乾燥が進み、目元や口元などの、良く動かすパーツにシワが寄ってしまうのです。

メイクの前に美容液をしっかりとつければ、お肌の保湿力が高まり、嫌な小じわを防ぐことができます。

 

 

 

乾燥がひどければ、メイクの上から使える美容液を

 

しっかりと美容液を塗っているにも関わらず、乾燥が防げない場合は、小まめに美容液を塗りなおしましょう。

 

 

最近では、メイクの上から塗れるさらっとした美容液や、スティック状の美容クリームも販売されています。

こまめに塗りなおすことで、乾燥からお肌を守りましょう。

 

 

 

日中のNG乾燥対策

 

日中にやってしまいがちなNGお手入れ。

それは「ミスト」のつけすぎです。

ミストタイプの化粧水をつけると、一瞬お肌が潤ったように感じますが、実は、水分の蒸発と共に、お肌の水分も持っていかれてしまいます。

 

 

爽快感があるのでリフレッシュできるのですが、やりすぎは禁物。使うとしても、普通に塗るタイプの美容液と併用してはいかがでしょうか。

 

 

 

アンチエイジングケアにおいて乾燥対策

乾燥対策テクニック7つ

1.乾燥対策テクニック① 保湿
2.乾燥対策テクニック② 日中美容液(現在のページ)
3.乾燥対策テクニック③ セラミド
4.乾燥対策テクニック④ 保湿パック
5.乾燥対策テクニック⑤ クリーム
6.乾燥対策テクニック⑥ ファンデーション
7.乾燥対策テクニック⑦ 食事

 

 

フラバンジェノール特集 フラバンジェノール7日間集中ケア試してみた!

 

 

本気のシミ消し!自宅でできる3つの美白対策!

 

私はコレでシミを消した!

このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

フラーレンミスト体験レビュー 紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー