乾燥対策テクニック① 保湿

[記事公開日]2015/03/22
[最終更新日]2017/10/27

保湿するためには「保湿成分」を与えること

 

繰り返しになりますが、お肌を保湿するということは、保湿成分を与えるということです。

化粧水にも保湿成分が含まれていることはありますが、化粧水は殆どが水分で構成されています。

 

 

美容成分はごくわずかしか配合ざれていないことが多いのです。

保湿成分を補うアイテムとして最適なのは、

 

  • 保湿成分配合の美容液
  • 保湿成分配合のクリーム
  • 目元用等、ピンポイント用の保湿クリーム

 

 

などですが、重要なのは保湿成分が入っているということです。

保湿成分は、大きく分けて3つに分けられます。

 

① 「水分をはさみ込むタイプ」・・・水分保持力「高」

② 「水分を抱え込むタイプ」・・・水分保持力「中」

③ 「水分をつかむタイプ」・・・水分保持力「低」

 

 

お肌の潤いを守る役割の80%は、細胞間脂質が担っています。細胞間脂質とは、

 

  • セラミド
  • スフィンゴ脂質
  • ステアリン酸コレステロール
  • 水素添加大豆レシチン

 

 

等の成分で、保湿成分の分類①にあたり、非常に保湿力のある物質です。

 

 

美容液やクリームを選ぶ目安として、これらの物質が配合されているかどうかを目安にすると良いでしょう。

 

 

 

ヒアルロン酸配合では不十分?


保湿成分の代表として良く名前が上がるのが、ヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸は、自信の400倍もの水分を抱え込む能力があり、化粧水や美容液などに良く配合されています。

 

 

 乾燥対策 保湿

 

 

お肌につけることで、お肌の水分量を高める効果があるのですが、実は、ヒアルロン酸だけでは不十分なのです。

 

 

せっかく抱え込んだ水分も、水分を挟みこんで逃がさない細胞間脂質が存在しなければ、徐々に水分は蒸発してしまいます。

 

 

ヒアルロン酸という言葉に惑わされず、その他の成分とセットで確認するようにしましょう。

 

 

 

アンチエイジングケアにおいて乾燥対策テクニック7つ

1.乾燥対策テクニック① 保湿(現在のページ)
2.乾燥対策テクニック② 日中美容液
3.乾燥対策テクニック③ セラミド
4.乾燥対策テクニック④ 保湿パック
5.乾燥対策テクニック⑤ クリーム
6.乾燥対策テクニック⑥ ファンデーション
7.乾燥対策テクニック⑦ 食事

 

 

フラバンジェノール特集 フラバンジェノール7日間集中ケア試してみた!

 

 

本気のシミ消し!自宅でできる3つの美白対策!

 

私はコレでシミを消した!

このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

フラーレンミスト体験レビュー 紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー