飲み物 美肌に水分!インナービューティーその③

[記事公開日]2015/03/22
[最終更新日]2017/06/25

美肌の支えとなる健康な身体を維持するためには水分が欠かせませんね。

しかし、やみくもに水分を取れば良いという訳でもありません。

水の飲み方はもちろん、どんな水分を取るかで、アンチエイジング効果に差が現れます。

 

 

 

水はこまめに飲むこと

 

「たくさん水分を取らなくては」と、ついつい一度にたくさん飲みたくなりますが、実はあまり効果がありません。

身体に1度に吸収できる水分は180cc程度であり、それ以上摂取してもすぐに体の外へと排出されてしまいます。

 

 

それどころか、大量に水分が排出される際、必要なミネラル分まで流れだし、筋肉疲労を起こしやすくするといった弊害があります。

 

 

1回の目安量は180ml程度にし、30分から1時間開けて、小まめに飲んだ方が、本当の意味での水分補給をすることができます。

 

 

 

1日2Lはウソ!?

飲み物 美肌


「1日の水分摂取量は2L」とよく言われていますが、最近では、水の飲み過ぎは「水毒」を引き起こす可能性があると指摘されています。

 

 

水毒とは、余分な水分が体外へ排出されないころで引き起こる、むくみ、肌トラブルなどの事。

 

 

頭痛などの健康被害を発症させることもあると言われています。

また、水を飲みすぎると体が冷え、代謝が落ち、お肌のターンオーバーが滞ってしまう可能性もあるのです。

 

 

水分は、水を飲む以外にも、暖かいスープやお茶などで補給することができます。

1日に何リットル飲まなくちゃ!

と、無理やり摂取せず、1日の生活の中で自然と摂れるように心がけましょう。

 

 

 

生姜パワーで体を温めよう

 

水分補給をする際に、冷水ばかりを飲んでいると身体が冷え、血行が悪くなってしまいます。

水やお茶を飲む際には常温もしくはぬるま湯程度の方が最適。

また、女性は身体が冷えやすいので、積極的に体を温めてあげる飲み物を取るのも効果的。

 

 

血行を良くし、代謝を高めることができます。

 

 

そこでおすすめなのが「生姜」を使った飲み物です。

生姜は身体を芯から温めることのできる食材で、生姜茶や生姜のスープなど、普段の食事に取り入れることができます。

 

 

しかも、生姜は比較的抗酸化作用の高い食材なので、アンチエイジングにも最適なのです。

 

 

生姜を調理する際の注意点は、

 

  • すりおろす
  • 過熱した方が良いが、100度以上には熱しない

 

 

事です。

また、チューブの生姜よりも、その都度すりおろした生姜の方が、新鮮で効果が高いと言われています。

 

 

調理の最後に生姜汁を加え、身体を芯から温めましょう。

 

 

 

カフェインでお肌の老化が進むかも

 

コーヒーや紅茶を飲む人は、それが習慣になっていることが多いですね。

 

 

コーヒーが無くては1日が始まらない、疲れた時の温かい紅茶は至福の時と感じている人も多いのではないでしょうか。

しかし、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには、老化を促進させる危険性があるのです。

 

 

カフェインには、若さを保つためのホルモン分泌を減少させてしまったり、ミネラル分の吸収を阻害する働きをします。

また、利尿作用があるため頻繁に水分を排出し、身体が水分不足に陥ってしまうのです。

 

 

水分が足りないと、お肌の潤いを守り、損傷した組織を修復するといった機能が衰え、老化を食い止めることが難しくなってしまいます。

 

 

コーヒーや紅茶を頻繁に飲む人がいきなり止めるのはストレスになってしまいますので、カフェインレスコーヒやハーブティーを併用し、カフェインの摂取量を徐々に減らしていくと良いでしょう。

 

 

水分摂取は基本的な事ですが、美肌と健康を保つためにはとても大切な事なのです。

毎日の生活に自然と取り入れることができるようになるためには、まずは意識的に水分摂取をしてみることが重要ですね。

 

 

続いて、運動 美肌を維持するために!インナービューティーその④ も欠かせません!

 

 

 
このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

フラーレンミスト体験レビュー 紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー