食事バランス美肌の栄養素!インナービューティーその②

[記事公開日]2015/03/22
[最終更新日]2017/04/30

このコンテンツは、元化粧品会社に務めたマイコさんが、エステやメイクアップといった美容サービスを通して、多くの方のお肌に触れてきた経験を、あなたのエイジングケアに役立つ話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説しています。

 


 

こんにちは!
某化粧品会社に務めていた、アラサーマイコです。

 

 

食は身体を作ると言いますが、美肌もまた日々の食事によって支えられています。

美肌のためには何を食べたらいいのか。

もしかしたらあなたの認識が大きく変わるかもしれません。

 

 

朝食はコーヒーとパン、目玉焼きにベーコン

 

ポイントはバランスよく!野菜だけ食べても意味がない

 

身体は、ビタミンだけではなく、タンパク質やミネラル、カルシウムなど、様々な成分で作られています。

何か一つが不足しても、健康で美しい状態を維持することはできません。

 

 

お肌も同じです。

 

 

お肌のハリや弾力を作っている成分は何でしょうか?

 

 

タンパク質です。

 

 

タンパク質が不足すると、コラーゲンやエラスチンといった物質も不足し、お肌から若々しさが消えていきます。

しかし、美しさ=野菜を食べる。

 

 

そんなイメージを持っている人が多いことも事実です。

実際、お肌の綺麗な人に話を聞くと、「野菜をたっぷり食べています」と言われることが多い気がします。

 

 

ですが、本当に野菜だけなのでしょうか。

お肌の綺麗さで有名な韓国人の女性も野菜を良く食べます。

 

 

野菜もたくさん食べますが、その分お肉もたくさん食べています。

タンパク質と一緒に野菜を食べることで、双方の効果をさらに引き出しているのです。

 

 

確かに野菜は大切です。

ビタミン類が豊富ですし、腸のお掃除をして体調を整えてくれる働きがあります。

 

 

しかし、野菜だけでは美肌は保てません。

大切なのは、バランスのとれた食事を摂ることなのです。

 

 

ビタミンA、タンパク質、ビタミンCの3栄養素がカギだった!

 

 

 

美肌の3大成分!黄金トライアングルとは

 

美肌のためには、偏った食事ではなく、バランスのとれた食事を摂ることが大切です。

 

 

中でも、「タンパク質・ビタミンA・ビタミンC」は美肌のための3大栄養素と言われ、単体ではもちろん、一緒に摂ることでそれぞれの効果を最大限にまで引き出すことの出来る栄養素なのです。

 

 

タンパク質 ~お肌を作る材料~


タンパク質は、プルプルとしたハリのあるみずみずしいお肌を作る材料となります。

 

食事 美肌1

 

太りそうなイメージがありますが、美肌のためには必要不可欠。

肉や魚、卵などの動物性蛋白質、大豆などの植物性たんぱく質をバランスよく摂ることが大切です。

 

 

タンパク質が不足すると、美肌が損なわれるだけでなく、筋肉量が落ちて代謝が悪くなり、太りやすくなってしまうことがあります。

 

 

筋肉が落ちてたるんだ体も若々しさからはかけ離れてしまいますので、引き締まった体を維持するためにもタンパク質は必要なのです。

 

 

ビタミンA ~お肌を丈夫に、潤いを保つ~


肉や魚、カボチャやピーマン、人参や小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA。

 

食事 美肌2

 

お肌や粘膜を丈夫にし、潤いを保ったり、風邪を予防する効果も高いです。

また、抗酸化作用も強く、アンチエイジング効果も期待できます。

 

 

ビタミンAは脂溶性のビタミンなので、油と一緒に摂ると吸収率がグンとアップします。

肉と野菜がたっぷりと摂れる野菜炒めは効率的にビタミンAを摂取することのできるメニューです。

 

 

身体に蓄積する栄養素ですので、気づいたときに食べると良いでしょう。

 

 

ビタミンC  ~美白に保湿、コラーゲンの生成促進にも~


アンチエイジング成分としておなじみのビタミンC。

 

食事 美肌3

 

抗酸化作用が強く、美白や保湿効果が期待でます。

また、ハリの成分であるコラーゲンが作られる際にも、ビタミンCが必要なんだそうです。

 

 

身体を元気に、若々しく保つためには無くてはならない成分です。

ビタミンCは、野菜やフルーツに多く含まれています。

 

 

水溶性のビタミンで、たくさん摂っても体に蓄積しないので、小まめに補充することが大切です。

1日の目安は、野菜や果物200g程度。

 

 

熱に弱いので、フルーツやトマト、レタスなど生で食べられるものから摂った方が良いでしょう。

 

 

そこで、内側からきれいにする美肌レシピ3大栄養素を効率よく摂れる 美肌レシピをご紹介します。

 

 

 

正しいエイジングケア本当に必要なケアが、わかってきます

お肌の仕組みを知ることが大切 ベースメンテナンス Part1

1.まずは、肌の仕組みを知ろう
2.キメの整った肌の美肌の条件とは
3.表皮と真皮 お肌の2層
4.5つの肌体力でお肌を根底から甦らせる

 

 

お肌の潤い維持がエイジングケアの要 ベースメンテナンス Part2

1.エイジングケアの「保湿」は成功の鍵
2.セラミドを補うにはセラミド化粧品がおすすめ
3.保湿成分 化粧品に配合されている3つのタイプ

 

 

正しいスキンケア続け美しいお肌を保つ ベースメンテナンス Part3

1.毎日のスキンケア7つのステップで、お肌が上向きに
2.ステップ1.クレンジングの使い分け
3.ステップ2.メイク専用のリムーバーの活用
4.ステップ3.洗顔 しっかり泡立て洗顔がおすすめ
5.ステップ4.化粧水 保湿効果は高くない役割がある
6.ステップ5.美容液 重要な基礎化粧品の1つ
7.ステップ6.油分(乳液とクリーム)それぞれ違い
8.ステップ7.UVケア 顔にいかに紫外線対策が出来るか
9.化粧品に関するQ&A

 

 

身体の内側から美肌を目指す ベースメンテナンス Part4

1.インナービューティー お肌を根本から立ち上げる
2.睡眠は美肌と健康に!インナービューティーその①
3.食事バランス美肌の栄養素!インナービューティーその②(現在のページ)
4.内側からきれいにする美肌レシピ3大栄養素を効率よく摂れる
5.飲み物 美肌に水分!インナービューティーその③
6.運動 美肌を維持するために!インナービューティーその④
7.入浴 美肌効果とは!インナービューティーその⑤
8.女性ホルモンの肌質は3つの要素に左右される

 

 

お肌の個別トラブルの解決策 ピンポイントメンテナンス Part1

1.肌の個別トラブルを改善するために
2.肌のトラブル 乾燥
3.顔の毛穴 ブツブツを何とかしたい!
4.ニキビ 大人ニキビ一度出来ると中々治らない
5.シミ 突然現れる!シミは大きく分けて6種類ある
6.クマ いつの間にか目立つようになってきた
7.しわ 年々気になる
8.顔の輪郭が歪んできた たるみ
9.くすみ 化粧のりが悪く、顔色が悪い
10.肌タイプ見分け方を再確認しましょう!どんなケアが必要?
11.肌質は日々変化しているお肌の変化を感じたらすぐに応急処置を
12.美容医療情報

 

 

ボディの肌トラブル解決 ピンポイントメンテナンス Part2

1.ボディの悩みを解決しましょう

 

 

エイジングケアなら

口コミ大評判フラバンジェノール

フラバンジェノール

シワ、ハリ、シミ、乾燥改善に

あり得ない豪華でお得なお試しセット

今だけ、100セット限定です!今すぐチェック!