ターンオーバーが早い正常化させる改善方法とは

この記事は4分で読めます

 

ターンオーバーが早いので改善しよう

 

 

ターンオーバーが早いと言われました。

 

 

 

改善する方法はあるのでしょうか。

 

 

 

ターンオーバーとはお肌の生まれ変わりの事。

 

 

 

基底層で生まれた細胞は有棘層へと進み、

顆粒層を経て角質層へと進みます。

 

 

 

角質を取るための化粧品が流行っている通り、

角質は何かと嫌われがち。

 

 

 

しかし、その角質層こそが

お肌を守るバリアの役割をしています。

 

 

 

例えるなら、訓練を十分に積んだ兵隊。

 

 

 

未熟な細胞たちを外部刺激から守っています。

 

 

 

この角質層は、角質が十数層にも積み重なってできています。

 

 

 

通常だと、基底層で生まれてから

28日間かけてその役目を終え剥がれおちます。

 

 

 

しかし、ターンオーバーが早まると

どうなってしまうでしょうか。

 

 

 

十分に訓練を積んだ兵士たちがいなくなってしまう、

守りの層である角質層が薄くなってしまいます。

 

 

 

場合によっては、

本来バリア機能を担うべきではない未熟な細胞、

つまり防御力の低い兵士が前線に立たされ、

お肌を守らなくてはならない状態に陥ってしまうのです。

 

 

 

そうなると、

お肌は通常よりも外部刺激を受けやすくなります。

 

 

 

いわゆる敏感肌というやつです。

 

 

 

日光や化粧品、ちりやほこりなど、

ありとあらゆるものの刺激を受けやすく、

肌荒れを起し易くなります。

 

 

 

また、未熟な細胞は

お肌の表面を覆っていることで保湿力が保てず、

お肌がかなり乾燥することが多いです。

 

 

 

何をしても乾燥肌が改善しない場合、

ターンオーバーが早まっている可能性があります。

 

 

 

さて、ターンオーバーを

促進する方法は良く載っていますが、

早いターンオーバーを正常化させるための方法は

意外と知られていません。

 

 

 

一体どうしたらよいのでしょうか。

 

 

 

 

 

過剰なスキンケアを見直す

 

ターンオーバーが早い原因の一つに、

「スキンケアのしすぎ」が考えられます。

 

 

 

本来古い角質は、

お肌の新陳代謝によって放っておいても

自然と剥がれおちる物です。

 

 

 

しかし、何度もクレンジングや洗顔を行ったり、

角質除去化粧品を使いすぎると、

必要な角質まで取り去られてしまい、

お肌が敏感な状態になってしまうのです。

 

 

 

ターンオーバーが早いなと感じたら

まず試してもらいたいことは、

朝の洗顔を「ぬるま湯もしくは水のみ」にすることです。

 

 

 

脂性肌でべたつきが気になるようであれば、

その部分だけ泡洗顔を行いましょう。

 

 

 

これだけで、角質の剥がしすぎを防ぐことができます。

 

 

 

そしてもしも可能なら、

メイクを落としやすいタイプの物に変え、

クレンジング剤を洗浄力の低い物に変えましょう。

 

 

 

一般的に洗浄力が低いクレンジング剤は

ミルククレンジングだと言われています。

 

 

 

商品にもよりますが、

あまりにもコッテリとした化粧をしていると、

ミルククレンジングだけではキレイに落とせず、

落ちるまで長時間クルクルと擦ることになります。

 

 

 

それなら、洗浄力の高いオイルクレンジングを使い

短時間で落とした方が、まだお肌にとってプラスです。

 

 

 

しかし、お化粧自体を軽くすれば、

ミルククレンジングでも短時間で落とすことができます。

 

 

 

 

 

生活習慣の見直しを!

 

ターンオーバーのサイクルは、

普段の生活習慣によっても影響を受けます。

 

 

 

いくつかの見直したい生活習慣を挙げますので、

ご自身のライフスタイルと比べてみて下さい。

 

 

  • 睡眠不足
  • 不規則で偏った食生活
  • ストレス過多

 

 

あてはまる項目はあるでしょうか。

 

 

 

まず、睡眠不足は

お肌のターンオーバーを乱す大きな原因となります。

 

 

 

美肌は眠っている間に作られていると言っても過言ではありません。

 

 

 

そのわけは、睡眠中に分泌される成長ホルモンにあります。

 

 

 

成長ホルモンには、身体を成長させるだけでなく、

損傷した組織を修復したり、ターンオーバーを

正常に保つ働きなどがあり、生きる上でなくてはならない存在です。

 

 

 

この成長ホルモンは、

眠ってから2~3時間後に分泌のピークを迎え、

その後徐々に減ったり増えたりしながら起床をむかえます。

 

 

 

成長ホルモンがきちんと分泌されないと、

ターンオーバーが乱れ、早まっている

生まれ変わりのサイクルが中々正常に戻りません。

 

 

 

また、食事も大きく関係してきます。

 

 

 

偏った食事はターンオーバーを乱す原因です。

 

 

 

食事の内容も大切ですが、食事を摂る時間も大切です。

 

 

 

通常消化活動は眠っている間に活発に行われます。

 

 

 

食べたまま寝てしまうと、

身体はその食べ物を一生懸命消化しようと働くのです。

 

 

 

すると、エネルギーの多くが消化に費やされ、

お肌を整える働きは2の次になってしまいます。

 

 

 

食事は寝る2時間前までには終わらせたいですね。

 

 

 

ストレスをためないことも大切です。

 

 

 

ストレスと体の調子は密接にかかわっていて、

大きなストレスを抱えると、

それだけでターンオーバーが乱れることがあります。

 

 

 

時々気分転換して、ストレスをためないようにしましょう。

 

 

 

ターンオーバーのサイクルを

今すぐ改善するのは難しいかもしれませんが、

1ヶ月~数か月のスパンで長期的に生活を見直してみて下さい。

 

 

 

きっと、いつの間にか

正常な角質層が形成されているはずです。

 

 

 

乾燥が気になる今の季節にもぴったりアイテム

インナーケアおすすめ

あのキューピーが自信をもってお届けするうるおいサプリです!

キューピー公式サイト詳細はこちら

 

スキンケアおすすめ

製薬会社の実力ある潤い素肌へ

お試しコースから始められます

ホワイトニングリフトケアジェル詳細はこちら

関連記事

  1. 皮膚 細胞分裂
  2. 食事 美肌
  3. クレンジング 必要性
  4. 本物の美肌は身体の内側から

エイジングケアなら

口コミ大評判フラバンジェノール

フラバンジェノール

シワ、ハリ、シミ、乾燥改善に

あり得ない豪華でお得なお試しセット

今だけ、100セット限定です!今すぐチェック!