[記事公開日]2015/05/31
[最終更新日]2017/10/13

万能化粧品アンチエイジング成分フラバンジェノールの副作用や危険性!

この記事は3分で読めます

 

「たるみだけじゃなく、毛穴もシミも全部ケアしたい!」

「できるだけ自然な成分で肌の力を底上げしたい」

 

 

化粧品を選ぶ時、誰もが心に思い浮かべるこんなわがままを叶えてくれる成分があります。

それがフラバンジェノール

 

 

フラバンジェノールは、エイジングケア成分として、もう定番になっているコエンザイムQ10の250倍、ビタミンCの600倍もの抗酸化作用を持つ、スーパーアンチエイジング成分なんです。

フラバンジェノール詳細こちら

 

 

「そんな強力な成分だと、使い方が難しかったり副作用があったりするんじゃないの?」

という心配もありますよね。

副作用があるのか、どんな使い方をすると刺激になるのか・・・フラバンジェノールに関する不安をすべて解決します!

 

 

フラバンジェノールにはどんな副作用が報告されている?

胃が痛い

 

結論から言ってしまうと、フラバンジェノールには副作用らしい副作用は報告されていません。

学術的には松樹皮抽出物と呼ばれるフラバンジェノール。

 

 

松樹皮のエキスは古くからフランスではお茶として親しまれてきた、ごく自然な成分なのです。

 

 

16世紀、航海中の探検家が松樹皮エキスのお茶でビタミンC欠乏症である壊血病を治癒したことによって、その薬効が発見されたことが、万能抗酸化成分フラバンジェノールへの道のりとなっています。

 

 

元々お茶として日常的に飲まれていたくらい自然な成分のため、普段の食事と同じように、よっぽど大量に摂取しない限りは、まず副作用は起きません。

 

 

フラバンジェノールの高い抗酸化作用が裏目に出るってどういうこと?

レモンティー

 

では、大量に摂取した場合どうなるかというと、その点についても命に関わるような重い副作用は報告されていません。

 

 

ひとつには「胃腸のむかつき」というものが挙げられます。
これはどんな成分でも過剰摂取をすると起こる可能性の高い症状ですよね。

 

 

もうひとつは、フラバンジェノールの持つ良い効果が、大量に摂取することによって裏目に出てしまうことがあるのです。

 

 

フラバンジェノールには、血液中の過酸化脂質をできにくくする効果があります。

 

 

過酸化脂質は血液の中の脂質が活性酸素によって酸化することでできる物質で、溜まっていくと、脳梗塞や血管疾患の原因になります。

 

 

「フラバンジェノールで過酸化脂質ができにくくなるなら、いいことなんじゃないの?」

と思いますよね。

 

 

実はその通りで、フラバンジェノールは血液をサラサラに保つのにとても有効な成分です。

 

 

ところが、わたしたちの体は、過酸化脂質がある程度の量ある状態が普通なので、フラバンジェノールを大量に取ることによって血液がサラサラになりすぎると、ケガをした時などに、血が止まりにくくなる場合があるのです。

 

 

フラバンジェノールが植物エキスだからこそ起こる体への影響

植物アレルギー

 

ここまでは、常識を超えた大量摂取によって起こり得る副作用ですが、ほんの少量でもフラバンジェノールによって体に悪い影響が出ることもあります。

それは、松アレルギーです。

 

 

フラバンジェノールは松樹皮から抽出された植物成分なので、松アレルギーを持つ人には、その症状が出る可能性があります。

 

 

ひどい花粉症があったり、野菜や芝生などで荒れることがある人の場合、いきなり飲用から始めることはせず、肌の目立たない部分でパッチテストをしてみると良いでしょう。

 

 

フラバンジェノールは副作用を起こすどころか、副作用を軽減してくれる?

ステロイド剤

 

配合されている各食品や化粧品の用法用量を守ってさえいれば、副作用を起こしたり、肌への刺激になる可能性が少ないフラバンジェノールですが、実はある医薬品成分の副作用を軽減することが、福岡大学の研究でわかっています。

 

 

その成分とは、皮膚炎などの外用薬に処方されることの多い副腎皮質ホルモン剤、つまりステロイド剤です。

 

 

ステロイド剤は、長期使用により皮膚が薄くなったり、血管がもろくなるなどの副作用があり、時には治療していた皮膚炎より深刻な皮膚の悩みを引き起こすことで知られています。

 

 

フラバンジェノールは、このようなステロイドの副作用を一緒に塗布することで軽減してくれるのです。

 

 

また、フラバンジェノールにはアレルギーを引き起こす免疫伝達物質ヒスタミンの働きを抑えるため、アレルギーが原因の皮膚炎に悩む人にとっては、原因を抑え、治療に必要な苦痛や問題をも軽減してくれる成分なのです。

 

 

フラバンジェノールの副作用についてのまとめ

両手を頬に当てる女性

 

学術的にも信頼度の高い成分であるフラバンジェノールには、現在大きな副作用は認められていません。

 

  • 一度に大量摂取をしないこと
  • アレルギーが心配な場合は、いきなり食用から始めず、パッチテストを行うこと

 

の2つの点に気を付けることによって、最強の万能成分として、美肌生活を助けてくれるでしょう。

 

 

その効果は、美肌やアンチエイジングのみならず、ダイエットや健康の促進にも及び、他の有効成分の効果を増幅する作用もあります。

 

 

用途や望む効果によって、フラバンジェノールを上手に使って健康美肌を目指しましょう!

肌よろこぶ7日間お試しセット

 

 

フラバンジェノール関連記事

 

知らなきゃ損する!同級生の肌と比べて気づいた衝撃の事実とは

汚い肌に悩むあなたに必見!!○○を止めて悩みゼロの美肌へ

元美容部員が教える老化肌をきれいにする為に必要なこと

 

 

フラバンジェノール

 

 

本気のシミ消し!自宅でできる3つの美白対策! あなたはもうやってる?美白のための6つのお手入れ方法

美肌ケア特集 フラバンジェノール特集

 

関連記事

  1. 目元美容液 しわにはこんな感じ3
  2. 鼻の角質除去
  3. フラバンジェノールのトライアルセット
  4. 大正製薬の化粧品
 

50代ハリ年齢肌に!しっとり・ふっくらスキンケアとは

このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

フラーレンミスト体験レビュー 紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー