[記事公開日]2015/05/24
[最終更新日]2017/06/14

顔のくすみの対処法にピーリングと4つの改善方法

この記事は4分で読めます

 

顔のくすみはピーリングだけじゃない!

 

顔のくすみの原因には、いくつか種類があるのをご存知ですか?

 

 

原因がわかれば対処法も違ってきます。

 

 

くすみがなくなれば、透明感のある明るいお肌を手に入れることができます。

まずは、自分のくすみがどんなくすみなのか、また、どんな方法で改善することができるのかをチェックしてみましょう。

 

 

 

角質肥厚によるくすみ

 

お肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が溜まってしまうことによっておこるくすみです。

 

 

お肌を触ると、ゴワゴワとした感触があります。

古い角質が積み重なった部分はみずみずしさが無く、お肌の透明感を奪ってしまいます。

 

 

古い角質を剥がす手っ取り早い方法はピーリングです。

 

 

酸を利用して、肌表面の余分な角質を取り去るのです。

市販のピーリング石鹸でも、古い角質を取り去ることはできます。

 

 

初めは1週間に1回から始め、慣れてきたら毎日使う人も多いです。

ただ、ピーリング石鹸のピリピリ感が苦手な人も多いですよね。

 

 

ピーリングで古い角質を取り除く効果があっても、効果が強すぎるとお肌には逆効果になってしまいます。

 


そこで、即効性のあるピーリングを選ぶ際、ポイントです!
刺激が少なく、お肌に優しいピーリングジェルがおすすめです。

 


敏感肌の方にも優しいピーリングジェルが角質肥厚によるくすみをポロポロ落としてくれます。

 


この、ピーリングジェルは、お肌の透明感を奪う古い角質を取り除くだけでなく、美白成分で、さらに透明感のある肌を目指せるので、あなたも感動のぷるっすべ体験ができることでしょう。

角質ケアランキング顔・鼻の角質ポロポロ取れ透明な肌へ導くジェル5選

 

 

それでもピーリングが心配になる方は、酵素洗顔や酵素パックがオススメです。

角質層はそのほとんどがタンパク質で構成されています。

 

 

酵素洗顔や酵素パックには、そのタンパク質を取り去る働きがありますので、ピーリング石鹸を使わなくても、古い角質の無いツルツルのお肌を手に入れることができます。

 

 

 

メラニンくすみ

 

紫外線を大量に浴びたり、お肌に炎症を起こしてしまったことによりメラニン色素が過剰に分泌されると、くすみとなって現れてしまうことがあります。

 

 

この場合効果的なお手入れは、美白ケアとなります。

 

 

ビタミンC誘導体やアルブチン酸、ハイドロキノン配合の化粧品を使い、美白ケアを行いましょう。

 

 

 

乾燥によるくすみ

 

お肌が乾燥することでもくすみは起こります。

角質層に水分が足りないと、お肌の透明感が失われてしまうのです。

 

 

改善するためには、何といっても保湿をすることが一番。

洗顔後はすぐに化粧水や美容液、クリームなどで保湿し、肌の水分を守りましょう。

 

 

お肌の水分量が十分合有るということは、それだけお肌のバリア機能が強いともいえます。

 

 

バリア機能が強ければ、紫外線などの外部刺激からお肌を守ることができ、メラニンくすみを防ぐことができます。

 

 

 

血行不良によるくすみ

 

顔全体が暗く陰のあるような表情をしていたら、血行不良によるくすみの可能性が大きいです。

 

 

入浴で皮膚を温めたり、運動して体温を上げると、比較的早く改善するという特徴があります。

 

 

根本的に改善するためには、普段から適度な運動をしたり、身体を温める食べ物を摂るなどして、血行を促進することです。

 

 

筋トレをして筋肉量を増やせば代謝が上がり、血行不良を改善することができます。

 

 

一次的に血液の流れを促がす方法もあります。

まずは、指の先をマッサージすることです。

 

 

指の先1本ずつをつまむようにマッサージすることで、血液の流れが促されます。

また、耳のマッサージも効果的です。

 

 

耳をつかんで、斜め上や下に向かって強めに引っ張ります。

ちょっと痛いなと感じても大丈夫。

 

 

みるみる血行が良くなり、足元がじわじわしてきます。

以上がくすみの主な原因ですが、これ以外にもくすみの原因はあります。

 

 

中でも注目したいのが、糖化による黄ぐすみです。

糖化とは、簡単に言うと「焦げ」です。

 

 

甘い物や炭水化物など、血糖値を急上昇させる食べ物には糖が多く含まれています。

糖を多く含む食品をたくさん摂取すると、タンパク質が変質し、年齢肌の原因になると言われています。

 

 

それが体の焦げと言われているのです。

 

 

焦げが進むと、肌の透明感がなくなり、黄色くくすんだような色になってしまいます。

糖化にはまだまだ恐ろしいことがあります。

 

 

私たちのお肌を支えているコラーゲン繊維もタンパク質ですね。

 

 

コラーゲンが糖化し変質してしまうと、弾力成分としての役割を果たさなくなってきて、徐々にシワやたるみが現れます。

 

 

一度変質したタンパク質は、レーザー治療などの専門的な治療を受けない限り、元に戻らないと言われています。

 

 

糖化が進むと、お肌の弾力は衰え、顔色もドンドンくすんでしまうのです。

 

 

糖化を食い止めるためには、必要以上に糖を摂らないこと、食べる順番に気を付けることなどが有効です。

 

 

空腹時にいきなり菓子類や炭水化物などをお腹に入れてしまうと、糖が吸収されやすくなってしまいます。

 

 

空腹時には、葉物野菜など血糖値の急上昇防ぐことのできる食品から食べるようにしましょう。

 

 

くすみは、単独ではなく、様々なくすみが重なっている可能性もあります。

 

 

スキンケアだけでなく、普段の生活習慣に注意しないと、あっという間にくすみが進み、年齢肌を感じさせてしまいます。

 

 

あなたのくすみは何が原因なのか、まずは鏡を見てチェックしてみましょうね!

 

 

関連記事

  1. シミがあったら台無しだよ!
  2. リペアジェル
  3. 生せっけんの泡洗顔
  4. 冒頭画像

本気のシミ消し!自宅でできる3つの美白対策!

 

私はコレでシミを消した!

このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

フラーレンミスト体験レビュー 紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー