[記事公開日]2015/05/19
[最終更新日]2017/07/21

しみそばかすを消す5つの治療

この記事は4分で読めます

 

しみそばかすを消す4つの方法エステ・皮膚科・薬・最新シミ治療

 

小さな子供の頬にできたそばかすは、なんとなくかわいらしい印象ですが、大人になるにつれて悩みの種となってしまいますね。

 

 

そばかすは白人に多いイメージですが日本人でも、そばかすがある人はたくさんいます。

どちらかというと、色白の人に多くみられるようです。

 

 

そばかすの原因は遺伝的な要素が大きいと言われています。

そばかす自体が遺伝によって現れてしまうというよりは、そばかすの出来やすいお肌を受け継いでしまうのです。

 

 

お肌が白く、外部刺激への防御機能が高いほど、そばかすは出来やすくなります。

そばかすの出来る時期にも違いがあります。

 

 

小さなころからそばかすがある場合、いつの間にか消えていることも多いそうです。

しかし、子供のころからのそばかすが大人になっても消えない場合や、思春期を過ぎたあたりから目立ち始めることもあります。

 

 

また、紫外線を浴びることで、さらにそばかすが濃くなってしまうのです。

いつの間にかそばかすが消えてしまった場合は、特に治療の必要はなく、シミができないようにUVケア 顔にいかに紫外線対策が出来るかが大切です。

 

 

大人になってもそばかすが残っている場合は、もはやシミと同じですので、シミ消しのケアをする必要があります。

 

 

 

エステでしみそばかすは消える!?

 

エステで、しみそばかすのケアをする場合、マッサージやイオン導入、光フェイシャルといったケアが主流になってきます。

 

 

マッサージは血行を促進し、お肌の代謝を高めターンオーバーを整えます。

 

 

ターンオーバーが整うことで、シミで黒くなった細胞をお肌の外へ排出することができるのです。イオン導入では、主にビタミンC誘導体を導入します。

 

 

化粧水を普通に塗っただけでは、中々お肌の深部にまで成分が浸透しません。

そこで、電気の力を利用して、美容成分をお肌の深部にまで導入するのです。

 

 

ビタミンCには強い還元作用があり、シミを薄くする効果が期待できます。

しみそばかすの程度にもよりますが、徐々にシミが薄くなったという口コミもあります。

 

 

また、光フェイシャルエステも一部で人気を集めています。

特殊な光を当てることでお肌の細胞を活性化させ、シミの排出を進めるというものです。

 

 

エステサロンでも、しみそばかすにアプローチすることはできそうですね。

ただ、エステサロンでしみそばかすケアをするにはデメリットがあります。

 

 

それは、時間がかかるということです。

エステで行えるケアは治療ではありません。

 

 

そのため、かなりの時間を要し、結局費用がかさむケースも多いです。

 

 

 

皮膚科のシミ治療 トレチノインとハイドロキノン

 

皮膚科でシミの治療と言えば、トレチノインとハイドロキノンが代表的ですね。

 

 

トレチノインには、細胞の生まれ変わりを促進する効果があり、シミ部分に塗布することで、シミの排出を促すことができます。

塗るだけとはいえかなり強力な成分ですので、お肌の皮が1枚向けたような状態になります。

 

 

そのため、治療中はお肌が敏感な状態に。普段以上に外部刺激からお肌を守る必要があります。

同時に処方されることが多いのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンは漂白作用の高さで有名。

 

 

シミ消しには一番効果があると言われています。

トレチノインでターンオーバーを促がし、ハイドロキノンで美白効果を高めるセットの治療はかなりオーソドックスです。

 

 

 

 

しみそばかすケアに内服薬もあるの?

 

皮膚科では、内服薬を処方されることもあります。

良く処方されるのが、トランサミンやビタミンCです。

 

 

トランサミンには、シミの色素沈着を抑制する働きがあります。

シミを薄くするというよりは、これ以上シミが濃くならないように予防的な意味でつかわれます。

 

 

ビタミンCは、シミの還元作用があることで有名です。

お肌に塗るだけではなく、内服することでその効果をさらに発揮します。

 

 

そこでオススメなのがシミそばかすに効く女性用保険薬の第3類医薬品ロスミンローヤルです。

9種類の生薬を含む22種類の有効成分が作用し、血行改善など美容以外にも嬉しい作用を与えてくれます。

 

 

でも、内服薬と考えた場合、気になるのは副作用や安全性のことではないでしょうか。

ロスミンローヤルに副作用ってないのか?安全性は大丈夫なのか?

シミそばかすや小じわに効能があるとして認められているロスミンローヤルの情報が記載されています。

 

 

古く濃いしみそばかすを消すならレーザー治療

 

古く濃いしみそばかすには、レーザー治療がおすすめです。

 

 

しみそばかすが薄い状態なら、エステや塗り薬、内服薬で徐々に改善するかもしれません。

 

 

しかし、濃いそばかすの場合は、レーザー治療が効果的です。メラニンの黒色に反応する光を当て、その部分の細胞を破壊し、シミをお肌の外へ追い出します。

 

 

 

人気急上昇のフォトシルクプラス

 

しみそばかすの治療で大人気なのが、フォトシルクプラスという機器を使った治療法です。

 

 

レーザー光とは違った光を当てることで、そばかすを撃退することができます。

しみやそばかす以外にも、シワやたるみなど、様々な年齢肌トラブルに効果がありますが、中でもメラニンへのアプローチが高いと評判です。

 

 

レーザーよりも安全性が高く、終わった後はそのままお化粧をして帰れるほどお肌への負担が少ないことが特徴です。

 

 

 

保険は適用されるの?

 

残念ながら、しみそばかすの治療には基本的に保険は適用されません。

 

 

美容目的となりますので、仕方ありませんね。

ただ、一部認可されている薬に関しては保険が適用されたり、シミの状態によって保険適用の治療ということになる可能性もゼロではありません。

 

 

まずは美容外科・美容皮膚科へ行って、しそばかすの状態を診察してもらいましょうね。

実績豊富なクリニックこちら♪

シミ取り治療を行う美容外科・美容皮膚科おすすめ・ランキング10選

 

 

紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー

関連記事

  1. 皮膚科でシミ取り料金
  2. フラバンジェノール配合スキンケア
  3. 肝斑レーザー悪化バツ
  4. 脂漏性角化症の薬

フラーレンミスト体験レビュー

 

このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

エイジングケアなら

口コミ大評判フラバンジェノール

フラバンジェノール

シワ、ハリ、シミ、乾燥改善に

あり得ない豪華でお得なお試しセット

今だけ、100セット限定です!今すぐチェック!