[記事公開日]2015/05/10
[最終更新日]2017/05/03

目の下のクマを解消するコスメとは

この記事は3分で読めます

 

目の下のクマを解消コスメ

 

目の下のクマを解消!どんなコスメを使ったらいいの?

 

あれ?

 

寝不足かな?
 

 

目の下のクマは、遠目から見ても結構目立ち、クマがあると、何らかの印象を与えてしまいますよね。

寝不足、疲れてるくらいの印象ならまだ良いですが、クマがひどくなると「老けている」印象を与えてしまいます。

 


また、クマにはいくつか種類があり、タイプに合うケアをすることが大切です。

まずは、クマにはどんな種類があるのか、確認してみましょう。

 

 

茶グマの特長と原因

 

目の下がうっすらと茶色くなります。

 

 

温めても、引き伸ばしても茶色が消えませんが、引っ張った箇所に茶色いクマが移動します。

 

 

アイメイクを落とす際や、かゆみを感じた時に擦る行為を続けていると、刺激を感じた細胞がメラニンを放出しシミができてしまいます。

 

 

それが茶グマです。

 

 

下まぶたは皮膚が薄くデリケートな部位です。

強めのケアを行い続けると、すぐに色素沈着してクマができてしまいます。

 

 

また、紫外線を浴びることでメラニンが放出されシミができ、茶色くなってしまうこともあります。

 

 

青グマ特徴と原因

 

目の下がうっすらと青っぽくなります。

皮膚を引っ張っても、クマの位置が変わりません。

 

 

青グマの原因は血行不良です。

 

 

血行不良の原因は様々ありますが、睡眠不足やホルモンバランスの崩れ、冷え性、ストレスなどが主な原因であると言われています。

 

 

また、PC画面やスマホを凝視する習慣があると、青グマが出来やすいとも言われています。

 

 

黒クマ特徴と原因

 

目じりを引っ張って目の下のたるみを引き上げると、クマがなくなります。

 

 

黒クマの主な原因はたるみです。

 

 

目の周りがたるんでくると、目の下にたるみやシワが寄り、その影が黒グマとなって目立ち始めます。

 

 

年齢が進んだ方に多いクマですが、急なダイエットを行った人や、元々目の下の脂肪が少ない人は、若い方でもたるみが出やすく、黒クマが出現することもあります。

 

 

一口にクマと言っても、原因は様々ですね。

クマを解消するにはどんなコスメがおすすめなのでしょうか?

 

 

 

茶グマには・・・

美白美容液

 

茶グマの原因は、メラニン色素によるシミの色素沈着でしたね。

 

 

そこで取り入れたいのが、ビタミンC誘導体配合の美白美容液です。

ビタミンC誘導体にはシミの還元効果があり、出来てしまったシミを薄くすることができます。

 

また、アルブチン酸など、シミを抑制する作用が期待できる成分が配合されている美容液もお勧めです。

美白対策で、茶グマを撃退しましょう。

 

 

 

青グマには・・・

炭酸パック

 

炭酸には、血管を拡張する効果があります。

また、血液中に二酸化炭素が入り込み、その濃度が高まると、脳が酸欠状態であると勘違いをします。

 

 

すると、酸欠状態を解決するために、全身の血行を促進させるのです。

血行が良くなれば、青グマだけでなく、顔全体が明るくなります。

 

 

 

黒クマには・・・

コラーゲン

 

保湿成分コラーゲンを補うことで乾燥を防ぎ、黒クマを作り出してしまうシワやたるみを予防しましょう。

 

 

レチノール

 

レチノールには、真皮のコラーゲンの分泌を高め、小じわを解消させたり、表皮内のヒアルロン酸等の保湿物質の分泌を高め、潤いのあるお肌を保つ効果が期待できます。

シワやたるみを改善するということは、すなわち、それらの陰である黒クマを防ぐことができるのです。

 

 


 

このように、クマによって選びたいコスメが変わってきます。

まずは自分のクマがどんなクマなのか、鏡を見て確認してみましょう。

 

 

また、クマの解消はコスメだけに頼っていられません!

毎日の生活習慣で、クマを撃退することができます。

 

 

例えば茶グマ。

目の下を擦ることで色素沈着する可能性が高くなります。

ということは、擦らないように気をつければ良いわけです。

 

 

アイメイクリムーバーを利用して、サッとアイメイクを落とすこと、アレルギー性の痒みがあるなら、きちんと治療を受けてかゆみを抑えることなどが挙げられます。

 

 

血行不良が原因の青グマ対策には、血行不良に陥るような生活習慣を見直しましょう。

睡眠不足にならないように気をつけたり、適度な運動をして、全身の血行を促すことも大切です。

 

 

ホットタオルで目の周りを温めたり、クリームやオイルを塗って目の周りを優しくマッサージすることで、一時的にクマを改善することができます。

 

 

 

黒クマの場合は、

何といってもたるみやシワを作らないことです。

 

 

保湿を心がけ、睡眠不足や運動不足にならないよう気をつけます。

 

 

彫の深い顔立ちでは、どうしても黒クマが目立ってしまう場合がありますが、そこへたるみが加われば、さらに濃くなってしまいますので、やはりたるみケアが大切になってきます。

 

 

クマは顔の印象を大きく左右しますので、早めに対策をしたいですね!

 

 

紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー

関連記事

  1. 目の下のクマを取る方法
  2. 目のクマを治す

フラーレンミスト体験レビュー

 

このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

エイジングケアなら

口コミ大評判フラバンジェノール

フラバンジェノール

シワ、ハリ、シミ、乾燥改善に

あり得ない豪華でお得なお試しセット

今だけ、100セット限定です!今すぐチェック!