[記事公開日]2015/05/09
[最終更新日]2017/05/24

シミ取りを皮膚科ですると料金は一体いくらかかるの?

この記事は10分で読めます

このコンテンツは、元化粧品会社に務めたマイコさんが、エステやメイクアップといった美容サービスを通して、多くの方のお肌に触れてきた経験を、あなたのエイジングケアに役立つ話を解説しています。

 


 

この記事ではシミ取り方法や皮膚科で行うレーザー治療のこと、気になる痛みや料金について知ることができます。

医療レーザー外来を受けた方のお話など今後の治療の参考になさってください。レーザー治療はかなりリーズナブルになってきました。

 


また、シミ取りクリームの美白成分についてやシミ取り化粧品メラニン生成を抑えるタイプの化粧品のコンテンツを追加しました。
あなたのシミ取りケアお悩みに合わせて参考になれば幸いです!

 

 

皮膚科でシミ取り料金

 

初期段階のシミ取り方法!だめなら皮膚科で治療を行う

 

シミ取りの方法はいくつかあり、初期段階のシミであれば、ビタミンc誘導体などを含む化粧品も良いですし薄いシミならば、美白化粧品で改善する場合もあります。
また、TV番組で紹介されたシミに効く女性のための医薬品も注目を集めています。

 


ただ、シミにも種類あってシミができるメカニズムもそれぞれ、あなたのシミが化粧品で改善ができないモノもあります。

自分のシミがどれに当てはまるのかを事前に知ることもとっても大切です。
シミ6種類と見分け方を知って効果的なシミ取り対策ができます!

 

 

あなたのシミ化粧品でもだめなら、皮膚科で高濃度の美容液を処方してもらい、治療を行う方法もあります。

 

 

でも・・・。


もはや塗るだけではどうにもならない!

そうなると、皮膚科でのレーザー治療が必要になってきます。

 

 

レーザー治療と言ってもレーザーにはいくつか種類があります。

基本的には、レーザーでメラニンを破壊する方法が主流です。

 

 

表皮性の薄いシミの場合、皮膚そのものを削り取ってしまうアブレーションという方法を使うケースもあります。

どんな方法でシミを取るのかは医師の判断ですが、患者さんの判断にゆだねられる部分も大きいです。

 

 

痛みの差、料金の差によって選ぶレーザー機器が変わってくると思います。

そこで、実際に治療を受けた方にお話を聞いてみました。

 

 

 

実際にシミ取りレーザー治療を受けた方の口コミ【痛み・料金・満足度】の感想とは

シミが濃かったためメラニンを直接攻撃するレーザー治療 40代女性

 

頬のシミが気になり、思い切ってレーザー治療をしました。

シミが濃かったためメラニンを直接攻撃するレーザー治療をすることに。

 

 

レーザー治療の仕組み自体あまり知らなかったのですが、破壊されたメラニンが不要物とみなされ、お肌の外に排出されるということらしいです。

 

 

思ったよりも痛みがありました。

輪ゴムで弾いたような痛さと聞いていましたが、ただ弾いただけではなく、かなりのスピードで弾いたような(笑。

 

 

シミの箇所が狭かったので我慢できましたが、広範囲だったら挫折していたかもしれません。

 

 

結局3回ほど通い、料金は65000円程度。

今ではすっかりシミが目立たなくなり、大変満足しています!

 

 

シミの大きさは1センチ程。スイッチルビーレーザー 40代女性

 

スイッチルビーレーザーというレーザーを利用して、シミ取りをしました。

シミの大きさは1センチ程。

 

 

3回照射して、3万~4万円程度でした。

 

 

痛みは、耐えられないほどではありませんでしたが、それなりに痛かったです。

でも、料金には満足しています。

 

 

ただ、レーザー治療は、治療後のケアが大変ですね。

照射後3週間は特に日焼けには気を付けるように言われ、マスクや帽子が欠かせませんでした。

 

 

絆創膏を貼るのも面倒でしたし、いじってしまいそうでハラハラ(笑。

 

 

シミの大きさや数によって料金が変わってきますが、やるならいっぺんに治療した方がいいなと思いました。

 

 

シミが2つあって、スイッチアレキサンドレーザーというレーザーが効くよ! 30代女性

 

目の下に、はっきりとしたシミが2つあって、何とかならないかと思っていました。

 

 

ともだちに、スイッチアレキサンドレーザーというレーザーが効くよ!

と言われ、試してみました。

 

 

私の場合、なんと1回の照射できれいにシミが取れました。

私の通ったクリニックでは、1回の照射で35000円程度でした。

 

 

シミの大きさにもよりますが、1ショット10000円くらいするらしく、料金が高いです。

私の友人は、3回ほど照射を行う必要があったらしく、かなりの金額をかけていました。

 

 


 

レーザー治療はかなりリーズナブルになってきているようですね。

 

 

特に、スイッチルビーレーザーというのは、お値段が安いため、人気を集めているようです。

痛みはありますが、気軽に受けられるようになってきました。

 

 

シミ取りに効果的なのは、レーザー治療だけではありません。

今注目されているのが、フォトシルクプラスという機器を使った治療です。

 

 

レーザーと違った特殊な光を当てて治療をおこなうのですが、痛みの少なさ、やけどの心配がないという点でかなり人気が出てきているようです。

 

 

フォトシルクプラスという機器を使ってシミの除去治療を受けました。 30代女性

 

トレチノインとハイドロキノンでの治療をつづけていましたが、どうしてもシミがなくならず諦めかけていたのですが、さいごにフォトシルクプラスにかけてみることにしました。

 

 

レーザーとは異なり、やけどに心配がないとのこと。

痛みも少なく照射後はガーゼや絆創膏を貼る必要もありませんでした。

 

 

結果には大満足です。

あんなになくならなくて困っていたシミが、キレイに無くなりました。

 

 

シミが改善しただけじゃなく、肌のハリまでよみがえった様な気がします。

受けてすぐに効果を実感できたのも良かったです。

 

 

その日はそのままメイクをして帰りました。

しかし、料金はちょっと高かったです。

 

 

頬と鼻のコースを受けたのですが、5回で16万円程かかりました。

 

 

気になっていたシミは何カ所かあったので、一気に除去できたのは良かったですが、もう少し安いと嬉しいなと思いました。

 

 


 

シミの治療は常に進化しています。

クリニックへ行ってみると、思わぬ最新治療を受けることができるかもしれません。

 

 

多くのクリニックで無料相談を行っていますので、まずは相談してみると良いでしょう。

 

 

 

6種類のシミ簡単におさらい

 

1.老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

私たちがシミと呼ぶもののほとんどが、老人性色素班でシミの代表ともいえます。

参考ページ⇒しみ老人性色素斑は、内服薬や塗り薬でもレーザー治療は効果的

 

 

2.雀卵斑(じゃくらんはん)

雀卵斑とは、「そばかす」のシミの事で顔面に言える小色素斑です。

大人になってもそばかすが残っている場合は、もはやシミと同じですので、シミ取りケアをする必要があります。

参考ページ⇒しみそばかすを消す5つの方法エステ・皮膚科・薬・最新シミ治療

 

 

3.肝斑(かんぱん)

頬骨あたりに左右対称でぼんやりできるシミ。

レーザー治療に向かないシミとされてきましたが、クリニックの中にはこれらの問題をクリアにしたレーザー機器を導入して扱っているところもあります。

参考ページ⇒肝斑レーザー悪化やってはいけない理由とは

 

 

4.炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

火傷、傷、虫刺、ニキビやアトピー性皮膚炎等の肌の炎症が起こるとが原因でできてしまうシミです。

参考ページ⇒炎症性色素沈着レーザー治療と他4つの改善方法とは

長引く炎症性色素沈着には、どんなケアが効果的なのかが確認できます。

 

 

5.脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

老人性イボとも呼ばれる高齢者に現れやすい症状です。

放っておくと大きくなりますし、小さければ小さいほど治療がしやすいので、気が付いたら早めに治療を開始したいですね。

参考ページ⇒脂漏性角化症の薬や液体窒素、炭酸ガスレーザー治療法

 

 

6.花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

強い日光、紫外線を長時間あびた時に炎症をおこした肌に出て来たシミのことを指します。

肩や背中を見ると、広い範囲に散らばったようなシミが花弁状色素斑と呼ばれるシミです。

 

通常のシミは表皮にできるシミですが、花弁状色素斑は、真皮部分にまでダメージを負ってしまうことで出来るシミです。そのため、シミの中でも治りにくいシミです。

参考ページ⇒花弁状色素斑の治療にハイドロキノン美白成分がシミ消しに効果的

 

 

 

化粧で隠せないシミがある悩みなら濃くなる前に相談しましょう

 

シミは、小さいものから大きいもの、その濃さも人によって様々ですが、シミがある方は共通して懸命にお化粧で隠されたり、美白化粧品を使用したりされています。

しかし、ケアしようと触れば触るほど、摩擦で濃くなる危険性も潜んでいるのです。

 

 

現在はシミはレーザーで非常に簡単に改善できるようになりました。

悩み、濃くなる前に相談しましょう。

 

 

 

シミ取りを皮膚科クリニックでレーザー・光治療【機器・痛み・料金】のまとめ

 

そこで、人気クリニックの料金をまとめてみました。

痛みの差、料金の差によって選ぶレーザー機器が変わってくると思います。

 

機器・痛みの刺激 病院・料金

Qスイッチヤグレーザー

効果的なシミ

老人性色素斑(シミ)、そばかす

 

痛み

肌にゴムをはじくような刺激

品川美容外科
1mm四方 1回 5,000円
全国25院以上

エルクリニック
1mm 3,000円
新宿、銀座

東京美容外科
1mm四方 1回 9,800円
全国11院

Qスイッチルビーレーザー

効果的なシミ

シミやあざ・そばかす、脂漏性角化症、花弁状色素斑

 

痛み

肌にゴムを弾くような刺激

湘南美容外科
2mm以下2430円
新宿本院、横浜院、MAME心斎橋 限定

シロノクリニック
直径5ミリ以内 5,000円
恵比寿、銀座、池袋、横浜、大阪

オーロラ・フォトRF

効果的なシミ

そばかす、赤み・くすみ

 

痛み

チクチクした痛み

品川美容外科
初回920円
全国25院以上

湘南美容外科
初回2,000円
全国50院以上

フォトフェイシャル

効果的なシミ

そばかす、くすみ、炎症性色素沈着など

 

痛み

レーザーに比べて痛みはほぼない

エルクリニック
1回38,340円
新宿、銀座

東京美容外科
1回15,000円
全国11院

レーザートーニング(メドライトC6)

効果的なシミ

肝斑(かんぱん)、色素沈着、くすみなど

 

痛み

痛みはあまり感じません

品川美容外科
顔全体 初回4,800円
全国25院以上

湘南美容外科
顔全体 初回7,500円
大阪駅前院 限定

シロノクリニック
顔全体 1回 60,000円
恵比寿、銀座、池袋、横浜、大阪

炭酸ガスレーザー

効果的なシミ

脂漏性角化症をはじめとした様々なシミ

 

痛み

麻酔時に注射の痛みがあるが、その後はなし

品川美容外科
ホクロ 直径1mm1回3800円
品川本院、新宿院、渋谷院、表参道院、心斎橋院 限定

KMクリニック
1mm 5,000円プラス麻酔代1,000円
新宿院、銀座院

池袋サンシャイン美容外科
1mmまで5000円
池袋

シロノクリニック
ほくろ除去1個(1ミリまで) 10,000円 (5年保証制)
恵比寿、銀座、池袋、横浜、大阪

フォトシルクプラス

効果的なシミ

老人性色素斑(シミ)、肝斑(かんぱん)、脂漏性角化症、雀卵斑、くすみなど

 

痛み

痛みはあまり感じません

品川美容外科
ホホ下全体(鼻・鼻下・アゴ除く)7400円
全国25院

エルクリニック
全顔or前腕5回  164,700円
新宿、銀座

シロノクリニック
顔全体1回 60,000円
恵比寿、銀座、池袋、横浜、大阪

もとび美容外科
初回13,700円
新宿院

 

 

多くのクリニックでカウンセリングを行っていますので、まずは相談してみると良いでしょう。

 

 

また、シミ取りレーザー治療を行ったあとに気をつける事項がいくつかあります。

シミ取りレーザー治療後に気をつけることは?

是非、あわせて読んでおくといいですよ♪

 

 

 

シミ取りクリームでシミを消す気になる4つの美白成分その効果とは

 

シミ取りクリームには色々な成分が含まれていて、その成分によって作用も異なります。
まずはじめに美白成分の中でもっとも有名なのがハイドロキノンであり、肌の漂白剤ともいわれるほど強力な作用を持ちます。

 


シミの原因であるメラニン色素の産生を抑え、メラニン色素を作り出す細胞のメラノサイトを減少させることができます。
美白成分で有名なビタミンCやプラセンタなどと比べても10倍から100倍の効果があるといわれており、予防だけでなく既に沈着してしまったメラニン色素にまで働きかけることのできる成分です。

 


安全に利用できる濃度としては、1~3%程度の濃度が良いとされており、刺激が少ないので肌の弱い人でも比較的安全です。
4~5%程度になると人によってはピリピリとした刺激を感じるようになりますが、その分即効性が期待できます。

 


正しく使えばシミを消すための非常に有効な手段となりますので、その性質や注意点をよく理解した上で導入することが大切です。
ちなみに、濃度の高いものは市販品で入手することはできませんので、皮膚科などの医療機関を受診して処方してもらいます。

 


次にトレチノインも有名な成分です。

 


ビタミンA誘導体の一種であり、ニキビにも効くことで知られています。
肌につけるとターンオーバーを強力に促すことができ、肌の再生スピードをアップさせることができます。

 


肌が生まれ変わるまでの間は非常に無防備な状態になっていますので、普段よりも刺激に弱くなっていることを理解しながら生活したりお手入れをしなければなりません。

 


ビタミンAは角質層の保湿力を高めて表皮細胞を保護する作用も持ちますので、肌にとって非常に重要な働きがあります。

 


トレチノインの効果は通常のビタミンAの100~300倍にも相当するといわれていますので、その分取り扱いは慎重にしなければなりません。
上手く使いこなせれば、シワやたるみなどのアンチエイジング対策にも効果的です。

 


3つ目のルシノールは、メラニン色素の生成を抑制することで美白に効果を発揮します。
詳しく見ていくと、メラニンを黒色化させる酵素のチロシナーゼの働きを抑制することでメラニンが黒色化されるのを防ぐことができます。

 


ルシノールをつけると肌中で素早くチロシナーゼと結合することで、チロシナーゼとチロシンが合体するのを防いでいます。
同じような作用を持つ成分としてはアルブチンやコウジ酸がありますが、ルシノールは肌に浸透しやすいので効果を実感しやすいといわれています。

 


天然の植物を改良した美白成分であり、刺激が少ないのが大きな特徴です。

 


4つ目のマリンプロテインエキストラクトは、海の酵素であり、古い細胞や傷ついた細胞を見つけ出してケアを行ってくれます。
肌につけても健康な細胞には働きかけを行いませんが、紫外線や加齢によって酸化が起こり、傷ついて働きに影響が出ている肌細胞があれば洗い流すことができます。

 


肌は元々ターンオーバーの働きによって古い細胞を排出する働きを持っていますが、そのターンオーバーの働きに合わせてシミを角質層まで持ち上げて、その後はピーリング作用によって皮膚表面の古い角質を剥がしてくれます。

 


シミやくすみが起こるのは紫外線などによって傷ついた細胞がいつまでも留まるためであり、それを予防したり排出することができればシミも改善でき、防ぐことができます。

このマリンプロテインエキストラクトはニキビ跡や毛穴の黒ずみ、開きなどにも有効です。

 


これらは非常に優れた美白成分です。
それぞれ異なる特徴を持ちますし、シミの濃さによって選ぶべきものが違ってきます。

 


肌質によって合うものと合わないものもありますので、自分の状態をよく確認しながら選ぶことが大切です。
シミ取りクリーム人気ランキングBest4!見た目も若さも10歳の差がつく!

 

 

 

シミ取り化粧品でシミをしっかり予防メラニン生成を抑えるタイプの化粧品4選

 

本格的にシミの予防をしていくためには、日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりするのに加え、シミ取り化粧品の使用が欠かせません。

 


肌のターンオーバーを正常化し、メラニンの増加を抑えてシミが肌に定着するのを防ぎたいなら、紫外線対策を積極的に実施していくのに加え、美白成分を配合したシミ取り化粧品を使っていくようにすることが大切。

 


そこで、人気のシミ取り化粧品をいくつか、ここでご紹介していきたいと思います。

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル



ホワイトニングリフトケアジェルは、薬用美白成分プラセンタ配合の医薬部外品のオールインワンジェルです。
保湿力が高く弾力のあるジェルは、マッサージにも使用可能。
マッサージで血流が良くなれば、老廃物の排出が促され、シミの予防に大きな効果が期待できます。
ホワイトニングリフトケアジェル詳細こちら

 

 

デルメッド


シミと同時に肌のハリや弾力アップ美白化粧品


デルメッドは、エイジングケアブランドです。
日本において、他社にさきがけ化粧品に美白成分である「プラセンタ」と「コウジ酸」を取りいれたことでも知られるブラント。
メラニンの生成をストップし、肌にシミが定着するのを防いでくれる効果が期待でき、手ごろな価格のお試しセットも用意されています。
デルメッド トライアルセット詳細こちら

 

 

サエル


【CCクリームプレゼント付訴求】サエルトライアルセット


サエルは、敏感肌に悩む大人の女性向けの美白ラインです。
美白ケアをしても効果が出にくい敏感肌をサポートし、そのうえでメラニンがシミとして肌に定着するのを防いでくれる点が特徴。
またローズやローズマリーといったホルモンバランスを整えてくれる香り成分も配合されています。
サエル トライアルセット詳細こちら

 

 

アスタリフトホワイト


美白化粧品で、紫外線、くすみ、シミケア


アスタリフトホワイトは、アルブチンやビタミンC誘導体などを配合した美白ラインです。
独自技術により、これまでは難しかった“肌の奥にまで届く波長の長い紫外線UVA”からも肌を守り、メラニンの生成を抑制して、シミができるのを防いでくれるのが特徴。
化粧水・美容液・クリーム・シートマスクは医薬部外品であり、お試しにも便利なトラベルセットも用意されています。
アスタリフトホワイト 美白トライアルキット詳細こちら

 

 

 

参考
美白成分のシミ取りクリームがシミに作用する!シミ対策テクニック②Ⅰ
美白化粧品の選び方を知ってシミの予防に効果を発揮!シミ対策テクニック②Ⅱ

 

 

関連記事

  1. 炎症性色素沈着レーザー
  2. 肝斑レーザー悪化バツ
  3. シミを消すなら皮膚科へ
  4. シミ取りレーザー治療後

エイジングケアなら

口コミ大評判フラバンジェノール

フラバンジェノール

シワ、ハリ、シミ、乾燥改善に

あり得ない豪華でお得なお試しセット

今だけ、100セット限定です!今すぐチェック!