[記事公開日]2017/09/19
[最終更新日]2017/10/13

噂の美白美容液。POLAホワイトショットCXとSXの違いを徹底検証!

この記事は7分で読めます

 

冒頭画像

 

POLAのホワイトショットシリーズは、美白したい人に大人気。

 

  • 日焼け対策したい人
  • 今あるシミを消したい人

 

どちらの方にもお勧めできる、とっても優秀な化粧品です。

美容関係者からも大絶賛されていて、一度は使ってみたい美白化粧品といわれています。

 

気になるシミ

 

私も、前々からシミが気になっていて。

特に、まるで囲んだ部分が気になるんですよね。

 

このシミを消したいし、これ以上シミができないように予防したい。

だから、ホワイトショットを使ってみることにしたのですが、

 

ホワイトショットCXとSX

 

どちらにしようか迷ってしまいました。

 

そこで今回は、二つとも試してみることに!

 

ホワイトショットCXとSXは何が違うのか!?

効果や使用感など、レビューしちゃいます。

 

私のように、どっちにしようか迷っている方の参考になればうれしいです♪

 

CXとSX、共通の特徴は?

 

ホワイトショットCXとSXは、同じ機能もあれば、どちらかにしかない効果もあります。

 

まず初めに、CXとSXに共通している特徴についてお伝えしたいと思います。

 

セルフクリア機能

 

セルフクリア機能

 

業界初、POLAが着目したのがセルフクリア機能

 

セルフクリア機能とは、ヒトが自ら「白く美しいお肌」になる力のこと。

 

子供のころ、どんなに日焼けをしても、あっという間に元通りになっていましたよね。

つまり、私たちには、もともと美しいお肌に戻る力が備わっているのです。

 

しかし、年齢などの要因で、その力はいつの間にか弱まってしまいます。

 

ホワイトショットCX、SXには、セルフクリア機能を高める成分として、

 

SCリキッド

 

を配合しています。

 

これは、ビワの葉から抽出した、ポーラオリジナルの美容成分です。

 

SCリキッドを添加することにより、表皮細胞中にできてしまったメラニンの塊が分解され、細かなメラニンの粒も減っていくことが確認されているそうです。

 

できてしまったシミをしっかり美白できる機能なんですね!

 

ルシノールEXでメラニンロック

 

メラニンロック

 

ルシノールEXとは、美白有効成分である「ルシノール」「ビタミンC誘導体」に、保湿成分である、「ショウキョウエキス」「マジョラムエキス」「クジンエキスクリア」を加えた、ポーラオリジナルの複合成分です。

 

中でも注目していただきたいのが、「ルシノール」という成分。

 

ルシノールには、シミの生成を抑制する、すごい働きがあるのです。

 

通常シミは、次のような流れで出来上がります。

 

  • お肌が紫外線を受けることで、「紫外線を浴びた!」という情報をメラニン色素へ伝える
  • メラニン色素では、チロシナーゼ酵素が活性化
  • メラニン色素内のチロシンとチロシナーゼ酵素が結合し、メラニン色素の元を生成
  • メラニン色素の元は段階を経てメラニンへ変化

 

メラニンが生成される過程では、チロシンとチロシンーゼ酵素が結合することが、非常に重要なポイントです。

 

この結合が起きなければ、メラニン色素は生成されません。

 

そこで登場するのがルシノール。

ルシノールは、その形状がチロシンとそっくり。

 

先回りしてチロシナーゼ酵素と結合し、チロシンの入るスキをなくしてしまうのです。

 

この働きを、メラニンロック機能と呼んでいます。

 

ショットデリバリー処方

 

ショットデリバリー処方

 

ショットデリバリー処方とは、美容成分を狙ったところに効率よく届けることができるシステムです。

 

ホワイトショットCX、SXどちらも、メラノサイトへ向かって有効成分を届けます。

 

ただ、その方法はちょっとだけ違うようです。

 

ホワイトショットCXでは、3種類のナノカプセルに成分を閉じ込めています。

 

1つ目のカプセルで、美容成分が浸透しやすい状態にお肌を整え、2つ目と3つ目のナノカプセルに美容成分を閉じ込めて、メラノサイトに届けます。

 

2つ目と3つ目のナノカプセルは、メラノサイトと親和性が高いため、効率よく成分を届けることができるようです。

 

ホワイトショットSXは、肌への密着性の高いエマルションに成分を閉じ込めています。

 

気になる部分にピタっと密着しその場で効果を発揮。

メラノサイトと親和性の高いエマルションに有効成分を閉じ込めることで、メラノサイトに狙って成分を届けます。

 

  • ホワイトショットCX→肌全体に成分を浸透させる
  • ホワイトショットSX→気になる部分に絞って成分を浸透させる

 

違いはありますが、どちらもメラニン色素へ狙って成分をとどけます。

 

せっかく良い成分も、届かなければ意味がありませんよね!

ショットデリバリー処方なら、無駄なく美白ケアできそうです♪

ホワイトショットCXとSX詳細こちら

 

ホワイトショットCX~抗糖化~

抗糖化

 

ホワイトショットCXで注目したいのが、抗糖化作用のある「ヨモギエキス」と「レンゲソウエキス」です。

 

タンパク質と糖が結び付くことで、タンパク質が糖化し、AGEsという物質を生成します。

 

AGEsは加齢などの要因でお肌に蓄積され、様々なトラブルを呼び起こします。

 

どんなトラブルかというと、ざっくり言えば老化してしまうということです。

 

今回POLAが着目したのが、糖化による黄ぐすみ。

表皮細胞が糖化することで、肌全体が黄ばんだような色になってしまうのです。

 

年齢が進むと、イエローベースのファンデーションを選ぶ人が増えるそうなのですが、これも糖化が原因なんですね。

 

AGEsは一度できてしまったら分解されないと考えられていましたが、「ヨモギエキス」と「レンゲソウエキス」には、AGEsを分解する働きがあることがわかったのです

 

くすみに負けない、透明感のあるお肌を目指せるんですね。

 

ホワイトショットSX~過脂化メラニンの抑制~

 

過脂化メラニン

 

ホワイトショットSXで注目したいのが、「過脂化メラニン」の分解です。

 

体内で発生した活性酸素と脂質が反応することで、過酸化脂質というものが発生します。

 

この過酸化脂質がメラニンに影響を与えることで、過脂化メラニンを生産します。

 

過脂化メラニンは、通常のメラニンよりも黒く、頑固だという性質があります。

ターンオーバーを遅らせ、なかなかシミの排出が進みません。

 

どんなに美白ケアしても、一向にシミが薄くならないなら、この過脂化メラニンが原因かもしれませんね。

 

ホワイトショットSXには、クロレラ、カッコン、アロエから抽出した複合成分「m-シューター」、アーティチョーク、ユズから抽出した「クリアノール」が配合されています。

 

これらの成分が、ショットデリバリー処方によって過脂化メラニンへ効率的に届けられ、メラニンの分解を最大限に引き出すことができるのです!

 

過脂化メラニンの生成を抑止したり、ターンオーバーを促し、シミの排出を助ける働きもあるそうですよ。

 

できてしまったシミを消すにはピッタリ!

 

実際に使ってみました

 

実際に使ってみました

 

ホワイトショットCXとホワイトショットSXを実際に使ってみました!

 

美白をイメージさせる真っ白な容器に入っています。

 

ホワイトショットCX

 

ホワイトショットCXレビュー

 

本体 25ml          ¥16,200(税込)

リフィル25ml        ¥15,120(税込)

ラージリフィル 50mL ¥27,000(税込)

 

今回は、25mlを購入しました!

 

25mlで約2か月、50mlで約4か月使用できます。

長く使うなら、50mlのほうがお得です。

 

ホワイトショットCX使い方

 

箱の内側に説明書きがあります。

 

朝晩2回、ローションの後に2プッシュ使用します。

顔全体に行きわたるよう、素早くなじませましょう!

 

ホワイトショットCX2プッシュ

 

わずかにとろみがある、無色透明の液体です。

美容液というよりは、化粧液に近い感触です。

 

ホワイトショットCX使用感

 

お肌になじませると、あっという間に浸透してしまいます。

つけた後はかなりサラサラしているのですが、つける前とではしっとり感が違う!

なんとも不思議な感触です。

 

 

特に刺激を感じることはありません。

美白化粧水の中には、肌への刺激が強いものもあるので、その点ホワイトショットCXは安心できそうです♪

ホワイトショットCX詳細こちら

 

ホワイトショットSX

 

ホワイトショットSX

 

レギュラーサイズ20g  12960円

ジュニアサイズ10g   7020円

 

今回は10gのジュニアサイズを購入。

通常サイズのほうがお得なのですが、お値段が結構するので、ジュニアサイズを試してみることに。

 

通常サイズでは、約3カ月使用できるので、ジュニアサイズは約1.5カ月といったところでしょうか。

 

ホワイトショットSX使い方

 

箱の中に説明書が入っています。

 

朝晩、ホワイトショットCXを使った後に使用することをおすすめしていますね。

ホワイトショットCXを使わない場合は、ローションの後に塗布でオッケーだと思います。

 

ホワイトショットSXテクスチャ

 

かなりコクのある、クリームのような美容液です。

乳白色で、香りはあまりありません。

 

ホワイトショットSX使用感

 

肌なじみが良く、一度浸透してしまえば、全くべたつきません。

クリームだと、塗った後もこってりとした感触が残ることが多いと思うのですが、美容液ですので、そんなことはありません。

 

ホワイトショットSXつけ方

 

シミが気になる部分に、直接塗布します。

 

小さめの真珠粒1粒分くらいをシミの上において、5秒間やさしく押さえつけたら、くるくるとなじませます。

 

ホワイトショットSX肌へ塗布

 

シミが気になる部分に直接つけて。

 

ホワイトショットSXつけているところ

 

狙った部分に無駄なくなじませることができます。

しっかり密着しているので、美白成分がぐんぐん浸透していきそうです。

 

ホワイトショットCXのようにサラサラした感触ではないですが、べたつきがあるわけではないので、お化粧が崩れやすいといたことはありません。

 

こちらも、肌への刺激は感じませんでしたので、安心して使えそうです。

ホワイトショットSX詳細こちら

 

2週間使ってみた感想

 

2週間後

 

  • くすみがなくなった!
  • 肌がしっとりしている!
  • シミも少し薄くなった??

 

これが、2週間使ってみた感想です♪

 

写真を見比べてみてびっくり。

今まで黄ぐすみって気にしてなかったのですが、2週間前の写真、ちょっと黄色いですよね(汗

 

保湿効果が高いのか、お肌がとてもしっとりしています。

 

気になっていた頬のあたりのシミが、若干薄くなっているような気がするのですが、どうでしょうか。

 

急にシミがなくなるわけではないと思いますが、個人的には満足しているので、このまま使い続けたいと思います!

 

みんなの口コミチェック

 

それでは、ホワイトショットCXとSXの口コミをチェックしてみましょう♪

 

ホワイトショットCXの口コミ

 

【使ってよかった人の感想】

 

・ずっと気になっていて、とうとう購入しました。正直、かなりビシャビシャしているなと思ったのですが、肌になじむとしっとりとして驚きました。メラニンブロックできていると思うと頼もしいです。(30代後半女性)

 

・使い始めてすぐに、くすみがなくなった!と思いました。即効性がすごいです。これ以上シミができないように信じて使います。(40代前半女性)

 

【効果を感じなかった人の感想】

 

・確かに顔の色が明るくなった気がしますが、肝心のシミは全然消えません。本当にシミ排出ができるのでしょうか。(50代前半女性)

 

・期待しすぎたのか、あまり変化がなくがっかりです。肌への刺激はありませんので、とりあえず1本使い切ります。(40代前半女性)

 

私が感じたように、お肌のくすみがクリアになったと感じる人は多いようです。

 

しかし、特定のシミを消したいと思うと、難しいみたいですね。

 

ホワイトショットSXの口コミ

 

【使ってよかった人の感想】

 

・ジュニアサイズを使い切ったころ、ちょっとシミが薄くなってきたのでは?と思いました。2本目は普通のサイズをリピートしました。(40代前半女性)

 

・クリームみたいなのに、あっという間にお肌に浸透するので、利いてるな!という感じがします。毎日使うのが楽しみです。(30代後半女性)

 

・使用感良いです。続けることに意義があると思うので、リピートします。(40代後半女性)

 

【効果を感じなかった人の感想】

 

・値段が高いので即効性を期待していましたが、他のシミ消し化粧品とあまり差を感じません。もっと安い別の商品でもいいかなと思いました。

(50代後半女性)

 

・1本目では効果を感じませんでした。リピートすればいいのかもしれませんが、高いのでちょっと無理です。(30代後半女性)

 

シミに効果がありそうですが、お値段も高いので継続するのが難しいという声もありますね。

 

まとめ

 

ホワイトショットCXはこんな人におすすめ!

 

  • くすみが気になる人
  • シミの予防をしたい人
  • シミケアと保湿ケアもしたい人

 

 

ホワイトショットSXはこんな人におすすめ!

 

  • すでにできてしまったシミを消したい人
  • できてしまったシミがこれ以上濃くならないように予防したい人

 

二つには同じ働きもありますが、

 

「シミができないようにしたい>」→CX

 

「今あるシミをどうにかしたい」→SX

 

というお悩みの違いで使い分けたほうが良いと思います。

 

くすみもシミも両方ある私のお肌では、二つとも使ってみて正解でした!

ホワイトショットCXとSX詳細こちら

 

 

 

本気のシミ消し!自宅でできる3つの美白対策! あなたはもうやってる?美白のための6つのお手入れ方法

美肌ケア特集 フラバンジェノール特集

 

関連記事

  1. 大正製薬の化粧品
  2. レモン
  3. 冒頭画像
  4. 皮膚科でシミ取り料金
 

50代ハリ年齢肌に!しっとり・ふっくらスキンケアとは

このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

フラーレンミスト体験レビュー 紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー