[記事公開日]2017/08/01
[最終更新日]2017/10/25

気になるアンチエイジング成分、フラバンジェノールのすべて

この記事は5分で読めます

 

アンチエイジングスキンケアが気になり始めると、抗酸化という言葉を耳にする機会が増えると思います。

酸化・・・つまり細胞のサビを防いでくれる抗酸化成分は、あらゆる肌の悩みに幅広く効果を発揮してくれます。

 

 

抗酸化作用で有名な成分と言えば、ビタミンCコエンザイムQ10などがありますが、実はそれよりはるかに強力な抗酸化作用を持つポリフェノール含有成分があるのをご存知でしょうか。

 

 

その抗酸化成分の名はフラバンジェノール

抗酸化作用はコエンザイムQ10の250倍、ビタミンCの実に600倍にもなる成分です。

 

 

「なんだかすごそうだけど、酸化を防ぐと具体的にどうなるの?」

「そんな強力な抗酸化作用があって、肌に刺激はないの?」

「いつ使うと一番効果的なの?」

など、聞きなれないフラバンジェノールにはたくさんの疑問点がありますよね。

 

 

そんな疑問に答えるべく、フラバンジェノールで解決できる悩みや肌への刺激、副作用、相乗効果が得られる成分などについてまとめてみました!

 

 

フラバンジェノールとは

海岸松の樹皮ポリフェノール

 

 

元々は煎茶として親しまれていた、松の樹皮から取れるポリフェノール含有エキスです。

大航海時代が到来した16世紀、船上で壊血病にかかった探検家が松樹皮を煎じたお茶を飲んで命の危機から回復したことから、有効成分が発見されました。

 

 

ピクノジェノールという近似成分がありますが、これはスイスのホーファーリサーチ社という企業の登録商標、ピクノジェノールは日本の東洋新薬という企業の登録商標です。

 

 

どちらも同じく松樹皮を使用しているのですが、エキスの抽出方法が違い、フラバンジェノールには使い方によって美白効果があると学会に発表されています。

 

 

 

フラバンジェノールの効果とは

驚きのうるおいパワーを実感する女性

 

 

日本でフラバンジェノールを有名にしたのは、長年親しまれてきたお茶としての用法で、抗酸化はもちろん、飲んでも美白に効果があり、ダイエットにも有効だと言われています。

 

 

フラバンジェノールの魅力の一つとして挙げられるが、様々な成分との相乗効果が確認されていること。

例えば、フラバンジェノールには、同じく抗酸化作用の強いビタミンCを保護する効果があります。

また、カルニチンに含まれる脂肪燃焼成分CPT-Ⅰの働きを促進させる効果があるので、一緒に取ることによって効果的なダイエットをサポートしてくれます。

 

 

美肌成分では、ヒアルロン酸の保湿力をアップさせることがわかっています。

その保湿力は、なんとコラーゲン酸単体での配合の5倍、セラミド単体配合の15倍にもなります。

 

 

フラバンジェノール自体が持つものでは、コラゲナーゼ抑制効果、エラスチナーゼ抑制効果があります。

 

 

コラゲナーゼとは、肌の弾力を支えている真皮の主成分であるコラーゲンを分解してしまう酵素です。

同様に、エラスチナーゼもコラーゲンに巻き付いて肌の弾力を支えているエラスチンを分解します。

この酵素の働きによってコラーゲンやエラスチンが分解されると、肌はマットレスのないベッドのようにしぼんで硬く、ハリをなくしてしまうのです。

 

 

でも、何よりすごいのは、やはり何と言っても酸化を防ぐ力です。

今やすっかりアンチエイジングの定番成分となったコエンザイムQ10の250倍もの抗酸化作用があり、シミやたるみを強力に予防します。

 

 

抗酸化作用ってどんなこと?

酸化してしまった様子

 

 

ところで皆さんは、抗酸化作用があるとどうしてアンチエイジングに良いのかご存知ですか?

酸化とは、簡単に言うと、細胞が活性酸素と結合して変質してしまうこと。

 

 

この酸化という現象は肌だけでなく、様々な物質に起こる現象で、一番わかりやすい例として、酸化鉄があります。

鉄と酸素が結合した酸化鉄は、とても身近な現象で、皆さんも日常的に目にすることがあります。

そう、酸化鉄とは、鉄サビのことなんです。

 

 

肌が酸化してしまうと、鉄サビのように物質そのものが変わってしまって元に戻ることはできません。

酸化の原因である活性酸素は、毎日浴びる紫外線によって生み出されるものが多く、ストレスや炎症によっても生まれます。

炎症を起こしやすい敏感肌の人は、普通肌の人より多く活性酸素が生み出されていることになります。

 

 

活性酸素によって、肌は硬く黒く変質したり、細胞の設計図であるDNAが傷ついて正常な肌細胞を生み出せなくなったり、ガンになったりします。

  • 肌にハリや弾力がなくなる
  • 肌が硬くゴワゴワする
  • シミができる
  • シミを排出することができない

 

 

このようなエイジング特有の問題を引き起こしているのは活性酸素だったのです。

 

 

抗酸化とは、酸化に対抗する力のこと。

美しくエイジングするために、抗酸化成分が心強い助っ人になってくれることがわかっていただけると思います。

 

 

 

フラバンジェノールの副作用

両手を頬に当てる女性

 

 

これほど強い力を持った成分だと、副作用や肌への刺激も気になるところですよね。

フラバンジェノールは先ほどもお話しした通り、元々は松の樹皮から取れたエキスです。

 

 

植物そのもののエキスは、時に炎症を起こしてしまうほど強力であることもありますが、フラバンジェノールは、強力な抗酸化作用を持つ松樹皮ポリフェノールを抽出したエキスなので、肌に刺激となるような成分は含まれていません。

 

 

また、美白成分やアンチエイジング成分の中には、効果はあるものの、副作用のような「起こってほしくない効果」が現れるものがあります。

これは、それらの成分が、肌細胞や肌内部の構造に直接働きかける効果を持っているために起こることです。

 

 

例えば美白有効成分として最も多く医薬部外品に配合されるチロシナーゼ阻害剤と呼ばれる成分は、メラニンを合成する酵素チロシナーゼの働きを防ぐことでシミを防ぎます。

そのため、その効果があまりに強すぎると、メラニンが合成されるべき時にきちんと合成されず、肌の色素が抜けてしまうという副作用が起こりかねません。

 

 

フラバンジェノールなどの抗酸化成分は、肌に影響を与える成分ではなく、肌に悪影響を与えている物質と戦う成分です。

そのため強力な効果があっても、肌細胞を傷つけるような副作用を起こすことがありません。

ただ、植物アレルギーを持っている人は、松がアレルギー源になる可能性も考えられます。

 

 

 

フラバンジェノールの効果的な使用法

レモンティー

 

 

多くの化粧品成分は、どのように使用しても平均的に効果が出るようになっていますが、フラバンジェノールには効果的な使い方があります。

 

 

ひとつは、時間帯です。

フラバンジェノールの持つ最大の魅力は強い抗酸化作用です。

酸化の一番の原因は紫外線と言われているので、フラバンジェノールが配合された化粧品を朝のスキンケアに使うと、酸化を効果的に防ぐことができます。

 

 

また、フラバンジェノールには相乗効果という武器があります。

ビタミンCと一緒に使えばより美白効果を発揮するようになり、ヒアルロン酸と共に配合することでとても高い保湿力が得られるようになります。

 

 

フラバンジェノールの情報まとめ

 

高い抗酸化作用を持つことで知られるフラバンジェノール。

その効果は

・美白

・保湿

・アンチエイジング

・ダイエット

と幅広く、どれもとても強いものです。

 

 

またフラバンジェノールは、相乗効果で様々な成分の能力を高めることができ、刺激や副作用の可能性も低いため、安心して高いスキンケア効果を得ることができます。

 

 

「全体的に肌がしぼんできた感じがする」

「紫外線から肌を守りたい」

「敏感肌ですぐに炎症が起こりがち・・・」

などの悩みがある人は、お持ちのスキンケア化粧品にフラバンジェノール化粧品をワンアイテムプラスするだけでも効果を感じることができるはずです。

 

 


 

 

フラバンジェノール

シワ、ハリの無さ、シミ、乾燥改善に!今ならお得に試せるセット

フラバンジェノール7日間集中ケアセット

口コミで人気のフラバンジェノールをレビュー!効果や副作用に注目!

フラバンジェノールはフォーマルクラインの【フラビア7日間集中ケアセット】口コミ感想レビュー

 

 

手軽に始められる段違いの保湿力【WEB限定】

フラバンジェノールのオールインワンジェル

 

 

また、外部から行うスキンケアだけでは、気になるお肌のトラブル対策は不十分かも知れません。

サプリを併用することで内面から輝く美しさのサポートを実感できることでしょう。

 

 

 

サプリならサントリーの美容系ポリフェノール

フラバンジェノール+セラミドサプリ

 

 

関連記事

  1. 冒頭画像
  2. 炎症性色素沈着レーザー
  3. フラバンジェノール化粧品の口コミ
  4. シミを消すなら皮膚科へ

本気のシミ消し!自宅でできる3つの美白対策!

 

私はコレでシミを消した!

このサイトについて

 

 

本当に必要なケアとは

 

お肌を保つ術お伝えします

 

プロフィールはこちら

フラーレンミスト体験レビュー 紫外線対策していますか? ルアンルアン生せっけん体験レビュー